プロフィール
『にっしゃん』
『にっしゃん』
昭和40年3月14日生
魚座 O型
昭和52年
加古川市立鳩里小学校卒
昭和55年
加古川市立加古川中学校卒
昭和58年
兵庫県立加古川西高等学校卒
昭和62年
近畿大学法学部卒
平成4年
三幸道路㈱創業
平成26年
加古川市議会議員

平成30年
福祉環境常任委員会 委員長


主な略歴
(一社)加古川青年会議所
第47代理事長
加古川市立加古川中学校
PTA元会長
兵庫県立加古川東高等学校
PTA元副会長
兵庫県立加古川西高等学校
育友会 元会長
加古川水泳協会 会長
加古川ボクシング協会 顧問
加古川ボート協会
副理事長
近畿警察官友の会 会員
加古川中央ロータリークラブ
会員
東播磨倫理法人会
剣詩舞道 新免流
後援会 会長
加古保護区 保護司

家族
妻と二人の娘、一人の息子
趣味
将棋・書道・釣り・ゴルフ
好きな食べ物
みりん干し

三幸道路株式会社
加古川中央ロータリークラブ
 
社団法人 加古川青年会議所
 

日本人としての誇り
Twitterボタン
Twitterブログパーツ

QLOOKアクセス解析

アクセス解析中




読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
※カテゴリー別のRSSです

2013年08月15日

大東亜戦争の名言集





敢て本日の投稿にします




是非、御高覧下さい






大東亜戦争の名言集





大東亜戦争 名言集










日本人としての




誇りを持ちましょう














じゃあなグー
  

Posted by 『にっしゃん』 at 07:17Comments(0)歴史

2013年07月29日

「歴史を忘れた民族に未来はない」!?




【東アジアカップ】垂れ幕問題に菅官房長官「FIFA、JFAに確認後、対応策」

【2013/07/29-12:04  時事ドットコム】

日韓戦横断幕「極めて遺憾」=菅官房長官

 菅義偉官房長官は29日午前の記者会見で、ソウルで行われたサッカーの東アジア・カップ日本-韓国戦で「歴史を忘れた民族に未来はない」と書かれた横断幕が掲げられたことについて、「国際サッカー連盟(FIFA)は応援時に政治的主張を行うことを禁じており、横断幕が掲げられたことは極めて遺憾だ」と述べた。
 菅長官は、FIFAや日本サッカー協会(JFA)に事実関係を確認中とした上で、「明らかになった段階で適切に対応したい」と対応策を検討する考えを示した。




自己矛盾に気付かぬ民族に



悲哀すら感じる











じゃあなクレイジー
  

Posted by 『にっしゃん』 at 19:57Comments(0)歴史

2013年03月27日

歴史の真実を直視せよ





慰安婦のいなかった軍隊など存在しなかった・・・







現代の倫理観や常識モノサシで



歴史を考察することは



先祖に対する



冒涜であると思う








殺人が合法であった時代もあるのだ


















じゃあなクリック
  

Posted by 『にっしゃん』 at 11:57Comments(0)歴史

2012年06月28日

敵は国内にあり





敵は国内にあり

【日本の心を伝える会 メールマガジンNo.527】

Youtubeの動画をひとつご紹介します。
昭和6(1931)年に白人がシャム(タイ)から朝鮮を旅行した際のたいへん貴重なフイルムです。
後半、4分52秒からがコリア、すなわち朝鮮のソウルの模様です。

Siam To Korea 1931

http://youtu.be/d_98jT7XmZw


映像にあるソウルの街は、完全に日本です。
活気あふれる町、人々の笑顔、奇麗に掃除された道路、チマチョゴリを着た女性、民族服をまとったおじさん、和服を着た女性、日本語で書かれた街の看板等々。
治安がたいへんよく保たれている様子が、この動画を見てもあきらかに感じ取れることと思います。
これが、史上最悪非人道的植民地支配された街の様子なのでしょうか。

Facebookで、KCさんが書かれた投稿です。
転載です。

~~~~~~~~~~
これが日本の朝鮮経営の実態だ。
どこが侵略・植民地政策なのか?


1 朝鮮半島の人口が2倍に増えて
2 24歳だった平均寿命が30年以上伸ばされて
3 人口の30%を占めていた奴隷が解放されて
4 幼児売買が禁止されて
5 家父長制が制限されて

6 家畜扱いだった朝鮮女性に名前がつけられるようになって
7 度量衡が統一されて
8 忘れられていたハングル文字が整備され、標準朝鮮語が定められ
9 朝鮮語数育のための教科書、教材が大量に作成され、持ち込まれて
10 5200校以上の小学校がつくられて

11 師範学校や高等学校があわせて1000校以上つくられて
12 239万人が就学して、識字率が4%から61%に上がって
13 大学(帝国大学)がつくられて、病院がつくられて
14 カルト呪術医療が禁止されて
15 上下水遭が整備されて

16 泥水すすって下水垂れ流しの生活ができなくなって
17 日本人はずっと徴兵されていて戦場で大量に死んだのに
18 朝鮮人は終戦間近の1年しか徴兵されす、内地の勤労動員だけで済まされていて
18 志願兵の朝鮮人が戦死したら、日本人と同じく英霊として祀られてしまって
20 100キロだった鉄道が6000キロも敷かれて

21 どこでも港がつくられて、どこまでも電気が引かれて
22 会社がつくられるようになって、物々交換から貨幣経済に転換して
23 二階建て以上の家屋がつくられるようになって
24 入浴するよう指導され
25 禿げ山に6億本もの樹木が植林され、ため池がつくられて

26 今あるため池の半分もいまだに日本製で
27 道路や川や橋が整儀されて
28 耕作地を2倍にされて
29 近代的な農業を教えられたせいで、1反当りの収穫量が3倍になってしまって

加えて、
朝鮮から国会議員も選出し、
「洪中将」のように、朝鮮名であっても、中将に昇進させ、
貧民の出身であっても、朴大統領のように、優秀な人材は、
校長が進学させ、幹部候補生学校で恩賜の金時計を賜った。**

これが、「差別」か?
~~~~~~~~~

私達は、真実の歴史をちゃんと知らなければなりません。
日本が統治した時代、朝鮮半島は北も南も、等しく日本だったのです。

昨今、韓国から洩れ伝わって来る情報や、妙に偏向した在日韓国人や在日北朝鮮人が述べることは、ことごとく「多民族によって支配されたことは決してうれしいことではない」などという主張です。

けれど、その日本による朝鮮支配は、いったい誰が求めたことなのでしょうか。
いったいどれだけ多くの朝鮮人が「日本になるために」努力してきたのでしょうか。
世界に通用する立派な人になるために、どれだけ多くの朝鮮人が日本人になろうと努力し、血を流してきたのでしょうか。

そして朝鮮戦争によって韓国がまさになくなろうとしたとき、最後に立ち上がり、祖国の自由を守り通すために戦ったのは、いったいどういう人たちだったのでしょうか。

朝鮮戦争は、大東亜戦争終結後の昭和25(1950)年に、突然、北朝鮮が韓国に攻め込んだことによって始まりました。
北朝鮮のソ連製T型戦車の大部隊の前に、ソウルはわずか三日で陥落。
その後も韓国軍や、米国軍は北朝鮮に負け続け、韓国は南端の釜山の町の一角だけを残すのみ、というところまで追いつめられてしまったのです。

それまで、韓国軍は、旧日本兵だった韓国人と、日本軍時代の経験を持たない韓国人との混成軍でした。
初代韓国相当の李承晩が、日本を毛嫌いし、旧日本軍人を信頼しなかったため、と言われています。
ところが韓国が、もはや釜山の町を残すのみ、となったとき、旧日本軍人だった者だけの義勇兵が募られました。
そしてこの旧日本軍人だけの部隊が編成されたとき、またたく間に北朝鮮軍は釜山から駆逐され、なんと今度は反対に北朝鮮軍が支那との国境にまで追いつめられてしまったのです。



李承晩と朝鮮半島の歴史
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1347.html

李斯朝鮮の時代に、ロシアに占領されそうになった半島を救ったのも日本
まるで中世以前だった朝鮮半島に、近代化をもたらしたのも日本。
そして朝鮮半島のすくなくとも南半分の人々に自由と平和を守ったのは、日本人であることに誇りをもった韓国人兵でした。

そういう真実の歴史の前に、現代韓国の「日帝支配からの解放」などという虚構など、ことごとく消し飛んでしまいます。

実際、韓国にも保守派と呼ばれる人たちはおり、特に日本時代を経験したお年寄りなどは、当時と今の韓国を比較して、明らかに旧日本時代の方がよかった、と堂々と述べ、主張しています。
けれど、そういう声は、まったく私達の耳に聞こえてきません。

なぜでしょうか。

日本でも、歴史を知る保守や親日家の活動や動き、あるいは発言等は、まるで報道されません。
同様に韓国でも、歴史を知る保守や親日家の活動や動き、あるいは発言等は、まるで報道されません。

なぜでしょうか。

ここで皆様に気付いていただきたいことがひとつあります。
それは、「日韓が緊密な友好関係を築いた時、困るのはどういう人たちなのか。どこの国なのか」ということです。

皆様にひとつご紹介したい文章があります。
SNS-freejapanの公開日記で紹介された、元韓国空軍大佐崔三然氏の講演会の記述です。
崔三然氏は、朝鮮半島生まれた純粋なコリアンです。
そして日本の陸軍幼年学校を卒業され、韓国独立後、韓国空軍に入隊し、空軍大佐として退役された方です。
たいへん内容の濃い文章です。
みなさまには是非、ご一読いただきたいと思います。



【親日保守の韓国人はどこへ行ったのか?】
http://www.sns-freejapan.jp/2012/06/01/1552/

崔氏は、この講演の中で次のように述べられています。
~~~~~~~~~
「韓国の日本大使館の前に、慰安婦の石像を建てる話などが持ち上がっている(※講演時、未完成)。とんでもない。慰安婦達は大変結構な給料をもらって働いていたのだ。
もしも皆さんが、中国や韓国が本当に事実を知らずに南京大虐殺や従軍慰安婦問題を言っているのだと思ったら、それは大間違いだ。
彼らはわかって言っているのだ。
そうして日本の反応を引き出し、それをまた材料にして騒ごうと思っているのだ。
日本はそんな手に乗ってしまってはいけない。
日本人はあまりにも良心的で素直過ぎる。
~~~~~~~~~

是非、みなさまに知っていただきたいのは、日韓関係が良好化することは、なにより「中共と北朝鮮にとって国を危うくする脅威そのものである」ということです。

そのために支那と北朝鮮は、莫大な資金を使って、韓国が親日化しないよう日韓の離間工作をし続けている、ということです。
そしてもっと大事なことは、そのための費用が、なんと「日本」から出ているということです。

私は、戦前戦後、朝鮮人によってなされた数々の蛮行、それは強姦、暴行、放火、殺人などの数々の凶行を許す気はありません。
彼の国が血統として持っている強姦癖も、日本人は決して忘れず、警戒を怠らないようにしなければならないと思うし、在日、非在日を問わず、反日に洗脳されたコリアンたちについては、徹底して反撃しなければならないものと思っています。

ただし同時に、日韓の離間工作の背景には、中共と北朝鮮による積極的な政治工作があり、そのための資金は、日本から供出されていた、という事実も、みなさんに知っていただきたいのです。

いま、日本国内で、生活保護さえ受けないで、苦しい生活の中で自殺する日本人は、年間3万人を数えます。
あれだけ取り締まりの厳しい交通事故の、なんと3倍の死亡者です。
その一方で、在日朝鮮人たちが、働きもせずに、生活保護で遊び暮し、強固集票団体となっている。
さらに韓国国内や、日本国内で、莫大な日韓離間工作のための政治資金がバラまかれている。

これって、北朝鮮の国民が、食べる物さえなくて次々と飢え死にしていく一方で、食料支援のためにと送られたはずのお金が、日本国内や韓国内での日韓離間工作資金としてバラまかれているのと、何か似ていませんか。
国民の生活や生命など、まったくどうでもよくて、政党や思想、組織の維持のためだけに莫大な工作費が使われていて、それが「あたりまえ」という社会構造。

要するにサヨクなどというものは、共産主義者だけが贅沢三昧できれば、一般の庶民など、どうなったって構わない。自分たちの贅沢のためには、恥も外聞もなく、なんでもありという人類の悪の縮図そのものである、ということです。

崔氏も、述べられています。
日本は、シャングリラ(桃源郷)である、と。

私達はいまこそ、自虐史観を捨て、日本人としての誇りを取り戻し、正義を復活させていかなければなりません。
そして同時に、日本に巣食う真の敵、サヨクやスパイなど、日本を蝕むあらゆる害毒と戦い、それらを抜本的に排除して行かなければならないと強く主張させていただきたいと思います。

繰り返しになりますが、私は、いまの韓国政治や、在日の不法行為を許すつもりは毛頭ありません。
むしろ、悪は徹底的に懲らしめるべきだと思っています。

けれどそのためには、私達日本人が、日本を守ることは、世界の正義を守ることなのだという自覚を、まずしっかりと持つ必要があると思っています。

そして日本に巣食う反日勢力を一掃する。
そのためには、保守は、この一点に結束すべし!と思うのです。  

Posted by 『にっしゃん』 at 07:11Comments(2)歴史

2012年05月20日

倭王の出自が朝鮮半島!?






倭王の出自が朝鮮半島と思っている人へ





ユスリ・タカリ・パクリ・・・



ええ加減にしてほしい














じゃあなフンッ


  

Posted by 『にっしゃん』 at 07:35Comments(0)歴史