プロフィール
『にっしゃん』
『にっしゃん』
昭和40年3月14日生
魚座 O型
昭和52年
加古川市立鳩里小学校卒
昭和55年
加古川市立加古川中学校卒
昭和58年
兵庫県立加古川西高等学校卒
昭和62年
近畿大学法学部卒
平成4年
三幸道路㈱創業
平成26年
加古川市議会議員


主な略歴
(社)加古川青年会議所
第47代理事長
加古川市立加古川中学校
PTA元会長
兵庫県立加古川東高等学校
PTA元副会長
兵庫県立加古川西高等学校
育友会 元会長
加古川水泳協会 会長
加古川ボクシング協会 顧問
加古川ボート協会
副理事長
近畿警察官友の会 会員
加古川中央ロータリークラブ
会員
東播磨倫理法人会
剣詩舞道 新免流
後援会 会長
加古保護区 保護司

家族
妻と二人の娘、一人の息子
趣味
将棋・書道・釣り・ゴルフ
好きな食べ物
みりん干し

三幸道路株式会社
加古川中央ロータリークラブ
 
社団法人 加古川青年会議所
 

日本人としての誇り
Twitterボタン
Twitterブログパーツ

QLOOKアクセス解析

アクセス解析中




読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
※カテゴリー別のRSSです

2014年05月18日

ごじゃ








高速鉄道事故、生存者いた車両「埋めよ」と指示した責任者が栄転

サーチナ  5月9日(金)10時47分配信

 上海鉄道局の王峰副局長が4月24日付で、蘭州鉄道局の局長に異動していたことが分かった。王副局長(以下、役職はすべて異動前のもの)は2011年7月23日に発生した高速鉄道列車の追突事故で、生存者の捜索が完全に終わっていなかったにも関わらず、現場の整理のために破壊された車両を「埋めよ」と指示した。中国新聞社が報じた。

 同事故では40人が死亡、172人が負傷したとされる。王副局長は事故発生翌日の24日は、事故現場近くに穴を掘って、破壊された車両などを埋めるよう指示した。車両は押しつぶされてへしゃげ、内部に取り残された人の捜索は難航していた。

 記事は、「現場にいた別の指導者が制止したので、王副局長の命令は実行されなかった」と紹介した。その後、車内で2歳8カ月の女児が生存していることが確認され、事故発生から約20時間後の24日午後5時ごろに救出された。救出された女児は同年12月下旬にいったん治療を終え、退院した。さらに長期に渡るリハビリが必要だが、当初は懸念されていた足の切断は避けることができたという(解説参照)。

 11年12月25日に政府が発表したリポートは、事故発生と事故処理などについて54人が処分の対象になったと説明。王副局長も処分の対象となった。リポートは、「整地のために、救援現場で穴を掘るチームをつくり」などと、生存者の可能性がある車両を埋めようとしただけでなく、王副局長の支持が「救援のための資材や人力を割く」結果となったことを示唆している。

 王副局長の異動先は、それまでの勤務地の上海鉄道局に比べれば“僻地”ということになるが、資源の輸送などでは重要な地域であり、「副局長」から「局長」と地位が上昇しているので「栄転」ということになる。

 王副局長が上海鉄道局の副局長に就任したのは2006年で、長期にわたって「安全」と「インフラ建設」の責任者だった。

 中国の高速鉄道については、追突事件の前にも技術的問題で運転ができなくなる事態が多発していた。建設に携わった技術者からの「自分は絶対に乗らない(乗る勇気がない)。親友にも乗らないように勧める」との声が出ていた。(編集担当:如月隼人)

【配信元】NPO法人 百人の会




世界では



いろんな事が起こっています・・・・・











じゃあなオドロキ
  

Posted by 『にっしゃん』 at 07:17Comments(0)國際報道事故

2014年04月25日

韓国政府「潜水士が初めて船内に」

韓国政府「潜水士が初めて船内に」…実際は入っていなかった

韓国の旅客船沈没事故 沈没地点のブイ近くで捜索


旅客船「セウォル号」の沈没地点に設置されたブイの近くで捜索のため海に入るダイバー
Photo By 共同


 韓国南西部、珍島沖合の旅客船セウォル号の沈没事故で、韓国海洋警察は18日、海中の船体内部に海上からホースで空気の注入を始めたと明らかにした。船体の一部のドアを開けることには成功したが、依然船内での捜索活動はできておらず、作業は難航している。

 韓国政府は同日午前、潜水士が初めて船内に入ったと説明したが、実際には入っていなかった。午後になって、転覆した船体の2階部分にある貨物室のドアを開きわずかに入ったが障害物に阻まれ同室の捜索はできなかったことが判明。船内では生存者も遺体も発見していないという。その後、夕方に海洋警察幹部は、行方不明者の家族や記者団に「潜水士2人が転覆した船体の3階部分に入り、客室の捜索を始めた」と明言したが、後に公式会見の補足説明でそうした事実はないと訂正し謝罪した。

 現場では海洋警察と海軍、民間の潜水士が断続的に潜り、海中で船体に近づくためのロープの設置などを少しずつ進めてきた。海洋警察幹部は「潮流が速く視界が悪いため、作業はほとんど手探りだ」と話した。

 また、海面上に出ていた船首部分が水没し、船体が完全に沈没したとみられていたが、海洋警察は、船体が載った深さ約37メートルにある岩盤が船体の重みで徐々に沈降し、船首が水面下に下がっただけと説明した。

 事故では、これまでに28人が死亡。事故発生から3日目を迎え、274人の不明者の救出見通しは厳しくなりつつある。

 不明者の中に、母親が日本人で韓国国籍の女子高生が含まれていることも判明した。
[ 2014年4月19日 05:30 ]



この国に



本当の事は



あんのん!?











じゃあなクレイジー
  

Posted by 『にっしゃん』 at 19:08Comments(0)國際報道事故

2014年04月19日

船長と乗組員、真っ先に脱出




朝鮮日報日本語版 4月17日(木)11時9分配信

(朝鮮日報日本語版) 旅客船沈没:船長と乗組員、真っ先に脱出

(写真:朝鮮日報日本語版)

 船が沈没していく2時間の間、乗組員たちは一体どこで何をしていたのだろうか。

 沈没した旅客船「セウォル号」では大規模な人的被害が発生したが、最初に脱出した船長をはじめ、最後まで責任を果たさなければならないはずの乗組員たちの多くが、事故が発生するや否や、素早く脱出していたことが分かった。事故発生当時、セウォル号には船長のほか、1等航海士2人、2等航海士と3等航海士各1人、操舵(そうだ)手3人、甲板長と機関長各1人など、約30人の乗組員が乗っていたが、沈没する瞬間まで船内で案内放送を続けた末に遺体で発見されたパク・チヨンさん(22)を除き、救助されていたことが分かった。

 木浦海洋警察署によると、船長(69)は真っ先に脱出した人たちの中にいた。船長は船が座礁したとの通報が受理されてから約40分後の16日午前9時30分ごろに船外へ出て、同50分ごろ、約50人の乗客と共に海洋警察の警備艇に救助された。機関士や操舵手など6人の乗組員も、この最初に救助された人たちの中にいた。警察は船長を呼び、事故の経緯について調べるとともに、船内の事情を把握している船長を救助作業に動員するため、事故が起こった海域に行かせた。一方、この船長が、当初運航を任されていた本来の船長(47)に代わって船を操縦していたことも明らかになり、一部のインターネットユーザーは「問題の船長は『代理船長』で、真っ先に船を捨てて脱出したのではないか。無責任にもほどがある」と非難している。

 海上で事故が発生した場合、船内で最後まで乗客の安全に責任を持つということは、船長が必ず果たすべき義務であり、名誉かつプライドと考えられている。1513人の犠牲者を出したタイタニック号の惨事でも、エドワード・スミス船長は最後まで乗客の脱出を指揮した。スミス船長の故郷である英国リッチフィールドには、船と運命を共にしたスミス船長の銅像が建立され、銘板には「英国人らしく行動せよ」というスミス船長の最後の言葉が刻まれている。乗組員たちが乗客を後回しにしてわれ先に脱出するのも、常識外のことと考えられている。2012年1月、イタリアで豪華客船「コスタ・コンコルディア号」(4229人乗り)が座礁して転覆し、乗客32人が死亡する事故が起こったが、この船の船長は事故発生直後に脱出していた。船長は過失致死などの容疑で警察に逮捕され、検察は約300人の乗客を見捨てて逃亡した「職務放棄罪」を適用して起訴し、裁判では乗客1人当たり約8年と計算して、懲役2697年を求刑した。この事件の裁判は現在も続いている。

 今回の事故で真っ先に脱出したセウォル号の乗組員たちは「仕方のない状況だった」と釈明している。操舵手(58)は「船外に出られた人たちは皆運よく生き残った人たちだ。乗客たちには救助隊が来るまでに避難するよう呼び掛けた」と供述した。乗組員(61)は「深夜の勤務を終え、部屋で一人で寝ていたとき、船が傾いてベッドから転落し、事故が発生したことを知った。船から脱出するのに必死で、ほかの人たちを救助しようとか、そういうことを考える余裕はなかった」と話した。

 一方、生存者たちからは「乗組員たちが乗客をきちんと避難させなかった」という証言が相次いでいる。檀園高校(京畿道安山市)2年生のチョン・ボクチン君(17)は「状況がどうなっているのか誰も知らせようとせず、ただ『落ち着いて待機しているように』と繰り返すばかりだった。泳いで脱出しようとしなければ、船内に閉じ込められるところだった」と話した。生徒たちを救助するため命を懸けた行動に出たのは、同じ学校の生徒や教師たちだった。別の男子生徒(17)は「ライフジャケットを着けて部屋の中にいたが、先生たちが来てドアを開け、すぐに海に飛び込むよう指示した。海に飛び込むや否や、船尾まで水に漬かった」と話した。女子生徒(17)は「携帯電話が使えた子たちは、警察に電話をしたり、友だち同士でメッセンジャーをやりとりして励まし合ったりし、船の外に脱出するときも、後ろから押したり手をつかんだりして救助を手伝った」と語った。一般乗客の男性(38)も「ヘリコプターが来たら、乗客同士で力を合わせ、一人ずつロープを引っ張って引き渡した」と話した。

【配信元】NPO法人 百人の会



民度の程が



よく判る









じゃあなクレイジー


  

Posted by 『にっしゃん』 at 07:15Comments(0)國際事故

2014年04月05日

足場崩落




神戸の足場崩落事故 業者を捜索へ

NHK 4月4日 4時37分

神戸の足場崩落事故 業者を捜索へ
3日、神戸市中心部にあるビルの解体現場で、作業用の足場が崩れて通行人2人が重軽傷を負った事故で、警察は4日にも作業を請け負った会社を業務上過失傷害の疑いで捜索し、安全対策に問題がなかったか捜査を進める方針です。

3日午前11時すぎ、神戸市中央区布引町の5階建てのビルの解体現場で、高さおよそ15メートルの作業用の足場がビルの鉄骨などと共に崩れ、前の道路を通行していた22歳の女性が足場の下敷きになって首の骨を折る大けがをしたほか、20歳の男性1人が軽いけがをしました。
これまでの警察などの調べによりますと、現場では作業員が重機を使って鉄骨を引っ張る方法でビルの解体作業を進めていましたが、作業中に鉄骨が外れた弾みで足場ごと崩れ落ちたとみられるということです。
警察は作業を請け負った神戸市の2つの会社を、4日にも業務上過失傷害の疑いで捜索し、安全対策に問題がなかったか捜査を進める方針です。
また3日に引き続いて現場検証を行うとともに、会社の関係者から事情を聴いて事故の原因を詳しく調べることにしています。

【配信元】NPO法人 百人の会





死者が出なかったのは幸いです






日時に依っては



複数出ていてもおかしくない







故意にやったのではないのでしょうが



『単価』の影響があったとしたら







根本原因を考える必要があります













じゃあなヒ・ミ・ツ


  

Posted by 『にっしゃん』 at 11:18Comments(0)仕事報道災害事故危機管理

2014年03月11日

串本沖:座礁した韓国籍のタグボートのその後・・・

座礁したタグボート 串本港に陸揚げ 



【作業船の大型クレーンで、串本港に陸揚げされるタグボート(7日、和歌山県串本町串本で)】

47NEWS 2014年03月08日更新


和歌山県串本町津荷沖で昨年12月に座礁した韓国籍のタグボート(160トン)が7日、同町串本の串本港に陸揚げされた。同港で解体し、撤去する。

 タグボートの撤去作業は2月24日に始まり、3月1日に業者が船首と船尾にワイヤを掛け、座礁した浅瀬から作業船のクレーンでつり上げた。その後、沖で船体に残った油を除くなどしていた。

 7日午後1時半ごろ、タグボートをクレーンでつり上げた作業船が、別のタグボートにえい航されながら入港した。串本港に接岸した後、船体に残った海水を抜き、陸揚げした。作業は6時20分ごろまで続いた。今後は串本港で解体し、撤去する。解体作業に当たる業者によると、撤去には少なくとも10日間はかかるという。

 津荷沖で横倒しになっている地盤改良台船(長さ約70メートル、幅約30メートル)は、現場で解体作業が進んでおり、業者が3月末までの撤去を目指している。

【配信元】NPO法人 百人の会




この事故(事件かも・・・)



ほとんど報道がなかった









流れ出た重油



どんな被害がどれだけあったのか



補償はどうなったのか



一般市民には知らされない














じゃあなフンッ


  

Posted by 『にっしゃん』 at 15:50Comments(0)國際報道事故