プロフィール
『にっしゃん』
『にっしゃん』
昭和40年3月14日生
魚座 O型
昭和52年
加古川市立鳩里小学校卒
昭和55年
加古川市立加古川中学校卒
昭和58年
兵庫県立加古川西高等学校卒
昭和62年
近畿大学法学部卒
平成4年
三幸道路㈱創業
平成26年
加古川市議会議員


主な略歴
(社)加古川青年会議所
第47代理事長
加古川市立加古川中学校
PTA元会長
兵庫県立加古川東高等学校
PTA元副会長
兵庫県立加古川西高等学校
育友会 元会長
加古川水泳協会 会長
加古川ボクシング協会 顧問
加古川ボート協会
副理事長
近畿警察官友の会 会員
加古川中央ロータリークラブ
会員
東播磨倫理法人会
剣詩舞道 新免流
後援会 会長
加古保護区 保護司

家族
妻と二人の娘、一人の息子
趣味
将棋・書道・釣り・ゴルフ
好きな食べ物
みりん干し

三幸道路株式会社
加古川中央ロータリークラブ
 
社団法人 加古川青年会議所
 

日本人としての誇り
Twitterボタン
Twitterブログパーツ

QLOOKアクセス解析

アクセス解析中




読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
※カテゴリー別のRSSです

2014年08月10日

Music Flag in Kakogawa





加古川ウェルネスパーク
アラベスクホールにて



9月7日 14時開演








たまに一緒にカラオケやってる



チーちゃんのコンサートです









澄んだ歌声に感動しますよ
  

Posted by 『にっしゃん』 at 07:21Comments(0)芸能

2014年04月16日

石川遼に石橋貴明がブチ切れ




石川遼に石橋貴明がブチ切れ!食事と練習でロケ3時間押しに「ナニ様なんだよ!」

(テレビ朝日系)のロケで、とんねるずの石橋貴明さん(51)と
石川遼選手(21)の間にトラブルが発生しました。

石川選手の食事やウォーミングアップのため予定外に3時間以上待たされた石橋さんが激怒し、ロケが開始しても石川選手とはひと言も口をきかなかったというのです。

「その日は空模様が怪しく、雨が降りそうだということで、収録時間が1時間前倒しになりました。
とんねるずの2人も納得し、スタンバイしていたのです。

ところが、いよいよカメラを回すという段階になって、遼くんが
『まだ御飯を食べていない』
ということで、食事を始めてしまったのです」

これだけならまだ事態は深刻にならずに済んだ…のかもしれない。
食事を終えた石川はようやくカメラの前へ、と思いきや、

「今度は
『事前に練習しないとロケには臨めない』
と言いだし、納得がいくまでみっちり練習をし出した」(

石川選手の練習はかなりの時間を要した模様で、
とんねるずの2人はその間ひたすら待ち状態。

結局、3時間以上も待たされる羽目になったのだとか。
その間、石橋さんの機嫌は急降下で悪くなっていったそうで…。

「遼サマ待ちってか」

と、軽く不満を飛ばす。
だがそれはすぐ、“怒りのフルスイング”へと豹変したのだった。

「オイ、いつまで待たせるんだ。ナニ様なんだよ!」

慌てたスタッフがとりなすも、もちろん石川の練習がそこで終わるわけではなかった。

前出・テレ朝関係者が明かす。

「もう悪口のオンパレードで、
『さすがだな、世界に出るやつは!』
『勘違いしてるんじゃねぇぞ!』
と、撮影が始まるまでスタッフに当たり散らし、どなりまくっていました」

石川選手ととんねるずがこの番組のロケを一緒に行うのはこれで4回目とか。
過去3回は、こんなことはなく和気あいあいと撮影ができていたそうなんです。
つまり、石川選手は事前に食事も練習も済ませた状態でロケに臨んでいたことになりますね。
今回こんなことになってしまったのは、つまりはスタッフのスケジュール調整ミス、ということになるのでしょうか。
怒りのおさまらない石橋さん、最後には

「アイツは変わっちまったな、悪い方に」

と、絶縁とも取れるセリフまで吐いていたとか。
このトラブルについて、日本プロゴルフ協会関係者はこんなことを話しています。

「今や当代一の大スターですから、テレビ局も石川はVIP待遇ですよ。
だからわがままも通る。
よくあるのは、テレビカメラや取材陣を待たせることになんとも思っていないこと。
例えば、ホールアウトしたらすぐ囲み取材なり、テレビインタビューなりに応じるという暗黙の了解があります。
ところが石川は試合後も、
『食事や練習をしてからでないと受けない』
などと言う。
ジャンボ尾崎も中嶋常幸も守っているルールを、石川だけは守ろうとしません」

「普通は相手のスケジュールや都合もあるから、少しでも合わせようとしますが、石川は全て自分に合わせてもらおうとする。
1、2時間は平気で待たせますよ。
海外でもそれをやるから大ヒンシュクを買う。
インタビューは食事が済んでからと対応したら、
『あれはナニ様もつもりなんだ』
と現地メディアを怒らせてしまったことも。

海外では、プロアスリートはマスコミに協力する使命があると考えているからよけいに反発を食らう。
そうしたふだんの取材対応そのままでテレビ収録に臨むから、トラブルが起きるんです。




インタビュー等を聴いていると



謙虚で理想的な受け答えだったが・・・・・











じゃあなオドロキ


  

Posted by 『にっしゃん』 at 07:15Comments(0)スポーツ報道芸能