プロフィール
『にっしゃん』
『にっしゃん』
昭和40年3月14日生
魚座 O型
昭和52年
加古川市立鳩里小学校卒
昭和55年
加古川市立加古川中学校卒
昭和58年
兵庫県立加古川西高等学校卒
昭和62年
近畿大学法学部卒
平成4年
三幸道路㈱創業
平成26年
加古川市議会議員


主な略歴
(一社)加古川青年会議所
第47代理事長
加古川市立加古川中学校
PTA元会長
兵庫県立加古川東高等学校
PTA元副会長
兵庫県立加古川西高等学校
育友会 元会長
加古川水泳協会 会長
加古川ボクシング協会 顧問
加古川ボート協会
副理事長
近畿警察官友の会 会員
加古川中央ロータリークラブ
会員
東播磨倫理法人会
剣詩舞道 新免流
後援会 会長
加古保護区 保護司

家族
妻と二人の娘、一人の息子
趣味
将棋・書道・釣り・ゴルフ
好きな食べ物
みりん干し

三幸道路株式会社
加古川中央ロータリークラブ
 
社団法人 加古川青年会議所
 

日本人としての誇り
Twitterボタン
Twitterブログパーツ

QLOOKアクセス解析

アクセス解析中




読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2011年08月09日

日本の新聞記者、鬱陵島取材

鬱陵島の数カ所に掲げられた妙な日本語の横断幕






国会議員3人の訪問予定日に合わせて鬱陵島で閣僚も参加して開かれた反日集会。「対馬も韓国領だ」といった過激な主張もみられた






鬱陵島の独島博物館の入り口近くに建つ「対馬島は元わが国(韓国)の地」と刻まれた石碑。多くの来館者は「歴史的経緯」を記した碑文を熱心に読む





竹島は



日本国固有の領土です
















じゃあなプンッ














日本の新聞記者3人、身分隠して鬱陵島取材
【2011/08/04 14:10 KST】

【浦項聯合ニュース】日本の自民党議員らによる独島に近い鬱陵島への訪問が不発に終わった後、産経新聞の記者が同島で取材を行ったことが分かった。

 産経新聞の記者3人は2日に鬱陵島を訪れ、日本糾弾大会を取材した。また、島内の独島博物館などを訪問して3日に戻ったという。記者らは鬱陵島に滞在する間、身分を徹底的に隠し、住民と接触しなかった。韓国語も流ちょうだったことから駐韓特派員と推定される。

 鬱陵郡関係者は、「乗船人名簿を作成するが、船舶会社から通知がなかったり、とりわけ身分を隠せば分からない」と説明した。
 一方、同郡は日本の一連の挑発と関連し、今後日本人など独島を訪問する外国人観光客に対する管理監督の強化に乗り出した。





鬱陵島・独島運航の旅客船、日本人乗船拒否へ
2011/08/03 14:32 KST

【江陵聯合ニュース】韓国の鬱陵島・独島を定期運航する旅客船が、日本人乗客の乗船を無期限拒否する方針を発表し、注目されている。

 江陵~鬱陵島・独島の定期運航するシースポビルは3日、日本政治家が鬱陵島への訪問を計画して訪韓を強行したことに抗議する意味で、日本人の乗船を無期限拒否すると明らかにした。

 実際に日本人観光客から予約が入ったこともあったが、「安全上の問題」で受け付けなかったという。






愛国・反日、異様な熱狂 鬱陵島ルポ 島目指す日本人を厳戒
【産経ニュース 2011.8.4】

 自民党の新藤義孝衆院議員ら「領土問題に関する特命委員会」の国会議員3人が、韓国政府の入国拒否により視察を果たせなかった鬱陵(ウルルン)島(韓国慶尚北道)。韓国が不法占拠する竹島(韓国名・独島)への経由地だ。

 入国拒否の翌日の2日朝、鬱陵島行きの船が出る浦項港は混雑していた。レジャー用品を手にした家族連れの一方、軍服に韓国旗のはちまき姿の初老の集団が目立った。

 島へ渡る日本人の身分確認は厳重だ。券売窓口では職員が大声で上司を呼ぶ。パスポート内容をすべて書き取り発券。改札口では係員が「日本人だ」と警察官を呼び個室に誘導。既に日本人2人が訪問目的を聞かれていた。「記者で入島目的は取材」と答えたが、出港時刻は過ぎていた。

 「もう船が出るから」との係官の声で乗船は認められた。竹島研究者の下條正男・拓殖大教授のような議員の同行者をあぶり出すことが目的だったようだ。

 鬱陵島は韓国東岸から最短距離で約130キロの日本海に浮かぶ。浦項から217キロの航路を高速フェリーで3時間。到着すると、狭い港湾施設で異様な熱気が待っていた。一帯を包む“愛国・反日”の熱気のもとは軍服姿の集団だった。

 入国を求める議員3人が1日、韓国当局と協議している間、金浦空港で議員らの顔写真を燃やした人々だ。ソウルの日本大使館周辺での過激反日デモで有名という。彼らは鬱陵島で2日に韓国閣僚を招いて開かれた集会でも気を吐いた。

竹島周遊の遊覧船に乗る際も、警察官がいるのに手荷物検査さえ受けなかった。

 港湾関係者に「火を放ったりする過激な人々をなぜ船に乗せ、島に渡らせたのか」と聞くと「何が危険なのか分からない。韓国人が韓国のどこに行こうと自由だ」と言う。

観光で成り立つ島の目玉は“独島”だ。竹島周遊船の起点港であり、「独島は韓国領」を証明する資料を集めた「独島博物館」もある。日本の議員3人は、その韓国側の言い分の根拠を理解しようと博物館を訪れようとした。

 同館は日本統治からの解放50年を記念し1995年、サムスン文化財団が建設。館によると「日本の独島領有権主張に反論できる資料と理論の土台を築き、同時に国民の領土意識と民族意識の鼓吹を目的としている」という。敷地内には竹島だけでなく「対馬は元わが国の地」という碑文もあり、子供など来館者の多くが熱心に読んでいた。

 島では数カ所に日本の国会議員の訪問計画を非難する横断幕が掲げられていた。中には「日本政治家! 来たら謝罪と反省の意味で来い、あなた達にバナナを提供する(サルにエサをやる-の意とみられる)」と、わざわざバナナのイラストを添えた理解に苦しむ日本語もあった。

 訪問計画について港でイカの丸干し焼きを売っていた60歳代の女性は「独島は韓国領。日本がいきなり自分のものだという理由がさっぱり分からない」と話した。また、食堂を営む50歳代の女性は、島での集会で閣僚が激しく対日非難をする演説を伝えるテレビニュースを前に拳を振り上げ、「そうだそうだ」と力んだ。ただ、島民には日本人を「好きでも嫌いでもない」という声もあった
  

Posted by 『にっしゃん』 at 11:59Comments(0)愛国

2011年08月09日

竹島が日本領土である証拠












韓国に竹島を描いた古地図は存在するか: 日韓古地図の比較






『領土』を守れなくて




何が 『政治』か!?
















じゃあなフンッ




  

Posted by 『にっしゃん』 at 07:17Comments(2)愛国