プロフィール
『にっしゃん』
昭和40年3月14日生
魚座 O型
昭和52年
加古川市立鳩里小学校卒
昭和55年
加古川市立加古川中学校卒
昭和58年
兵庫県立加古川西高等学校卒
昭和62年
近畿大学法学部卒
平成4年
三幸道路㈱創業
平成26年
加古川市議会議員


主な略歴
(社)加古川青年会議所
第47代理事長
加古川市立加古川中学校
PTA元会長
兵庫県立加古川東高等学校
PTA元副会長
兵庫県立加古川西高等学校
育友会 元会長
加古川水泳協会 会長
加古川ボクシング協会 顧問
加古川ボート協会
副理事長
近畿警察官友の会 会員
加古川中央ロータリークラブ
会員
東播磨倫理法人会
剣詩舞道 新免流
後援会 会長
加古保護区 保護司

家族
妻と二人の娘、一人の息子
趣味
将棋・書道・釣り・ゴルフ
好きな食べ物
みりん干し

三幸道路株式会社
加古川中央ロータリークラブ
 
社団法人 加古川青年会議所
 

日本人としての誇り
Twitterボタン
Twitterブログパーツ

QLOOKアクセス解析

アクセス解析中




読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2011年12月31日

長渕 剛に感謝状





長渕氏の愛国心は




素晴らしいと思う





もっと拡がってほしい

















じゃあな拍手














音楽家長渕剛(55)が、8年ぶり3回目のNHK紅白歌合戦出場するが、4月中旬、被災地への慰問に来る芸能人は多くいたが、長渕剛氏は震災後に「歌なんか歌っている場合じゃねえよ」と、うちひしがれる自分を救ってくれたのが、自衛隊の姿だった。行方不明者の捜索、物資の供給、山のようながれきの撤去…。震災で家族を失った隊員も、目の前の任務を遂行していた。全ては日本の、国民のために。その姿に長渕は「たまらなくいとおしくなって、抱き締めたい」と思い、東京から駆け付けて、航空自衛隊松島基地(宮城)で、約1500人の自衛隊員の前でライブを行い、過酷な状況で支援活動する隊員を激励した。
このたび、この自衛隊大好き歌手・長渕剛氏に、防衛省から特別感謝状が送られた。

長渕剛 航空自衛隊松島基地 隊員激励ライブ_乾杯 - YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=DbMB-GY8Z6I




一川防衛相が長渕剛さんに感謝状 省内からは「問責なのに浮かれすぎ!」
【産経ニュース 2011.12.20 22:30 [自衛隊]】

 一川保夫防衛相は20日、防衛省に歌手の長渕剛さんを招き、東日本大震災で救援活動にあたる自衛官を激励したとして特別感謝状を贈呈した。長渕さんはそのままライブで何曲も生歌を披露し、詰めかけた隊員たちを激励した。

 だが、この日は南スーダンでの国連平和維持活動(PKO)への陸上自衛隊部隊派遣の実施計画や、航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)と防衛省の懸案事項を決定したばかり。

 ある陸自幹部は「こんなときに防衛省や自衛隊がたるんでいると思われる」と複雑な表情。長渕さんと手をつないで万歳する一川氏を横目に別の防衛省幹部は「浮かれすぎだ。問責決議を受けたことをすっかり忘れているのか」と突き放した。
  

Posted by 『にっしゃん』 at 07:17Comments(0)愛国

2011年12月30日

次はここで巨大地震

M9級地震の想定震源域




怖いのぅ

















じゃあな叫び














次はここで巨大地震「M9」が起きる!専門家が想定域など分析
【夕刊フジ 2011.12.27】


 東日本大震災によって、複数の地震が連動して起こるマグニチュード(M)9・0級の超巨大地震が注目された。東北沖以外でも、こうした連動型地震の発生が予想される場所は静岡沖~宮崎沖などいくつかある。いずれも海域のため、3・11のような大津波への警戒が必要だ。内閣府の有識者会議でも27日、想定する最大級の地震の震源域について対象区域を拡大する中間報告をまとめたが、本紙では専門家の分析をもとに、次なるM9の想定域と対策を検証した。

 3・11に続く日本でのM9地震について想定域を示したのは、国立の総合研究大学院大名誉教授、神沼克伊氏(固体地球物理学)。先月出版の新著『次の超巨大地震はどこか?』(サイエンス・アイ新書)で、過去の発生記録から分析を試みている。

 地図に明示した通り、想定域は北から千島海溝沿い(北方領土沖~十勝沖)、南海トラフ沿い(静岡西部沖~宮崎沖)、日向灘および南西諸島海溝周辺(鹿児島沖~沖縄近海)の3カ所になる。神沼氏は「連動して起こる海溝型の超巨大地震は、海側のプレートが日本列島の下に潜り込むような動きで発生する。同じプレート境界でもユーラシア、北米の両プレートは接しているだけで潜り込んでいないため、日本海側ではM9クラスは起こらない」と説明する。

 これら3海域の超巨大地震で、とりわけ過去に甚大な被害をもたらしているのが1707年の宝永地震。南海トラフ沿いで発生した東海、東南海、南海の連動型といわれ、規模はM9・1-9・3との説もある。

 震源は遠州灘沖から紀州半島沖。大津波は20メートル超で高知に押し寄せたほか、大阪湾にも襲来。旧淀川や木津川の河口から市街地に入り込み、死者1万2000人のうち溺死者は7000人に及んだとされる。

 政府の中央防災会議は、宝永地震と同じような大地震が発生したとき、最悪で死者は約2万4700人と想定。震度7の激しい揺れや10メートル超の津波で約96万棟の住宅などが全壊し、経済被害は約81兆円と試算している。

 では、3海域に含まれなかった東日本大震災の震源域はどうなのか。3・11では首都圏でも深刻な液状化や交通マヒに見舞われたほか、津波による死者も出た。同じ震源域で再びM9級が発生する可能性はあるのか。

 「過去の例から考えると、超巨大地震は頻繁に起こらない。大きな余震への備えは必要だが、一連の活動が終息すれば、しばらくは最も安心できる海域といえるだろう」

 問題は、3海域での超巨大地震がいつ、どこで起きるのか-だ。

 「M9クラスは発生頻度が高いといっても、数百年から1000年に一度。寿命が約100億年といわれる地球が起こす自然現象だけに、50-100年のずれは誤差のうち。場所はある程度特定できても、いつか(3海域の)いずれかで起こるであろうとしか言えない」と、神沼氏は指摘する。

 M9レベルの地震で最も恐ろしいのは、東日本大震災でも甚大な被害をもたらした大津波。神沼氏は「津波から身を守る方法はひとつしかない」と断言する。

 「とにかく『津波は逃げろ』の一言に尽きる。M9クラスでは30メートル級の津波も考えられ、防潮堤などのハードで対応するのは限界がある。逃げる重要性を教育を通じて周知、徹底すること。自治体は避難場所と経路の確保、避難訓練の実施に継続して取り組むべきだ」

 今回の大震災では対策の甘さも浮かび上がった。神沼氏が警鐘を鳴らす。

 「地震直後に各自治体が行うべき津波への対応はM8でも、M9でも変わらないはず。ところがM9という規模が『想定外』とされ、不備を隠す逃げ口上となっている。これではまたM9がどこかで起こったとき、対策を怠った自治体が規模の巨大さを理由におとがめなしとなる危険がある」

 3・11の経験を無駄にしないためにも、「津波は逃げろ」をスローガンとしたM9地震対策が必要だ。



 ■神沼克伊(かみぬま・かつただ) 1937年、神奈川県出身。総合研究大学院大学と国立極地研究所の名誉教授。東京大大学院修了後、東大地震研究所に入所。地震や火山噴火予知の研究に携わる。著書に『地震学者の個人的な地震対策』(三五館)など。  

Posted by 『にっしゃん』 at 07:17Comments(0)災害

2011年12月29日

時速500km!?

時速500キロ超の走行能力を持つ試験用新型列車(ロイター)








事故の処理も



終わってないのに・・・




















じゃあなフンッ












事故のしこり残る中…中国で時速500キロ超の新型列車公開
【サンケイ ニュース 2011.12.27 】 [中国]


 中国の国営新華社通信は26日、中国国有企業の「中国南車」が時速500キロ超の走行能力を持つ試験用新型列車を公開したと伝えた。

 日本の新幹線「はやて」などの技術を基に開発した列車「CRH380A」を改良し流線形をさらに鋭くした。7月の高速鉄道事故のしこりが残る中で、再びスピードを追求する姿勢は論議を呼びそうだ。(中国総局)






中国高速鉄道、事故後初の新規路線「見切り発車」、広州-深セン間開業、原因調査報告書も出ぬまま…
2011.12.26 20:52 [中国]

 【上海】中国広東省の広州-深圳間147キロを結ぶ高速鉄道の専用線が26日、開業した。今年7月に浙江省温州で40人が死亡した追突事故以来、高速鉄道の新規路線開業は初めて。当初は、9月に予定されていた同事故の原因調査報告が延期されたままでの見切り発車となった。

 広州-深圳間の高速鉄道は深圳で開かれたユニバーシアードに合わせ、今年8月に最高営業時速380キロで開通予定だった。しかし7月の事故の影響で開業が延期され、最高営業速度も300キロに抑えられた。広州-深圳間を35分前後で結ぶ。1日36往復の予定。

 この路線は2014年にも香港まで延伸される計画だが、7月の事故を受けて香港側では安全性を疑問視する声が高まっている。

 一方で、中国鉄道省がまとめた今年の鉄道建設投資額は4690億元(約5兆8千億円)と、前年実績の7091億元に比べ33・9%ものマイナスとなった。7千億元程度としていた年初計画も大幅に下回った。7月の事故を受け、安全対策強化や計画見直しで、路線建設工事の中断や遅れなどが各地で相次いでいる。





広州からの高速鉄道、26日開業 是非議論も
【共同通信 2011.12.24】

 中国鉄道当局は23日までに、中国広東省広州市と深圳市を結ぶ高速鉄道を26日に開業することを決めた。同鉄道を運営する広州鉄路集団公司がホームページ上で明らかにした。7月に発生した浙江省温州市の高速鉄道事故の報告書はまだ公表されておらず、開業の是非について議論を呼びそうだ。

 26日に開業予定の鉄道は、広州南駅と深圳北駅の102キロを結び、当面は時速300キロで運行する。将来的には香港への延伸も計画されている。

 当初は、8月に深圳で行われたユニバーシアード夏季大会に合わせた開業を予定していたが、温州市での事故への対応をめぐって鉄道省への批判が高まる中、見送られていたとされる。(共同)  

Posted by 『にっしゃん』 at 07:14Comments(1)國際

2011年12月28日

昼メシ






今日は



これで



済ます














じゃあななき



  

Posted by 『にっしゃん』 at 14:25Comments(0)美味い

2011年12月28日

韓国民団広報部職員の正体が判明


同一人物が、民団の広報として記者会見






ここが変だよ日本人 『韓国人はモテモテなんですよ!』





世界中でモテモテ



なんやったら・・・










なんで・・・!?



世界中で



強姦事件起こすねん!?








日本では



ほとんどが通名で報道されているけど・・・・・
















じゃあなフンッ










  

Posted by 『にっしゃん』 at 07:17Comments(0)御挨拶

2011年12月27日

金正恩氏母は元在日、最高機密に





ややこしいことに



ならなきゃいいけど・・・・・














じゃあなクレイジー

















金正恩氏母は在日、最高機密に 口外厳罰、
周知の朝鮮総連を危険視

【夕刊フジ 2011.12.24】

 北朝鮮の金正日総書記死去を受け、朝鮮労働党中枢が新指導者の正恩(ジョンウン)氏の母、故高英姫(コヨンヒ)氏が元在日朝鮮人である出自は正恩氏神格化の妨げになると判断、「最高機密」に指定し、口外すれば厳罰に処す方針を固めたとの内部情報が23日、判明した。党中枢は事実を知る在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の存在を危険視し始め、関係見直しも検討。北朝鮮の支配の下、重要な資金源ともなってきた朝鮮総連の位置付けが大きく揺らぐことになる。

 内部情報は、北朝鮮の民主化に取り組むNPO「救え!北朝鮮の民衆/緊急行動ネットワーク」(RENK)が党中枢部から入手した。党中枢が金総書記死去後、正恩新体制出帆に向けて正恩氏をどう奉っていくかを協議する中で、方針が打ち出されたという。

 高氏は大阪生まれの元在日朝鮮人で、10代前半の1960年代初頭、一家で北朝鮮に渡り、金総書記との間に三男の正恩氏のほか、次男の正哲(ジョンチョル)氏をもうけ、2004年に死去。北朝鮮国内では一時神格化する動きもあったが、出自については触れられてこなかった。

 ただ、北朝鮮国内の在日出身者の間では公然の秘密で、口外した在日出身者が厳罰の対象となる可能性が高い。処罰内容は示されていないが、政治犯収容所送りになるとみられる。

 一家の神格化によって権力の正当化を図る金政権にとり、高氏の在日という出自は正恩氏の血筋の純粋さを傷付けかねないことから、「最高機密」扱いの判断が下されたようだ。

 かといって、日本に住む在日朝鮮人には周知の事実であるため、同時に朝鮮総連との関係を見直す方針も示されたという。

 朝鮮総連は労働党支配下で政権を潤す資金源の役割を担ってきたが、「危険な秘密を知る組織」とみなされ、重要拠点としての存在意義が“格下げ”されるとみられる。

 朝鮮総連側にはまだ通知されていないとみられ、弔問で訪朝する幹部に示される見通し。実際に指示が下れば、朝鮮総連側の大きな動揺が予想されるほか、総連を窓口とする日朝関係への影響も避けられない。





金正恩氏の「本物」の母親 日本の定説は間違い?
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/korea/510615/
【産経新聞 2011/06/04】



①万寿台芸術団が1973年に来日したときの公演で「扇の舞」を踊る高英姫さん(右端)(朝鮮画報より)





②万寿台芸術団の来日公演を特集した記事に掲載された写真。高英姫さん(中央)も来日公演に参加している(朝鮮画報1973年4月号より)





高英姫さんの家族が写っているとみられる写真。奥が父親、高ギョンテク氏、右端が母親、左手前が姉と見られる(朝鮮画報1973年3月号より)




【なぞ解きコリア】

【質問】 北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記の三男で後継者の正恩(ジョンウン)氏。日本で知られている正恩氏の母親は、本物とは別人って本当?

【解答】 金正恩氏の母親は、金総書記の“3番目の妻”とされ、2004年に死亡した故・高英姫(コ・ヨンヒ)さんです。大阪出身の在日朝鮮人で、1959年から始まった「帰還事業」で、家族とともに北朝鮮に渡ります。その後、国立万寿台芸術団に入り舞踊家となります。

 高英姫さんは将来、北朝鮮の最高権力者となる後継者、正恩氏を産んだ、いわば“国母”のような存在です。数年前から、金総書記の後継者として、正恩氏が実兄の正哲(ジョンチョル)氏とともに名前が取り沙汰されていました。日本のメディアは当時こぞって英姫さんが大阪に住んでいた頃の様子を知ろうと躍起でした。

 そして、なぜか日本メディアの間では、高英姫さんの父親は柔道家で日本では「大同山」というプロレスラーとして活躍した高太文(コ・テムン)氏というのが定説となりました。高太文氏は韓国済州島出身で、帰還事業で北朝鮮に渡り、また同氏には英姫さんと同じ年頃の春幸(チュネン、「春行」説もある)さんという名の娘がいて、英姫さんと同時期に万寿台芸術団に所属した舞踊家でした。

 日本メディアや専門家らの多くが、この春幸さんが高英姫と同一人物と見ていました。北朝鮮に渡ってから、出身成分(身分)が低くみられる「在日」であることがばれないように「春幸」から「英姫」に名前を変えたと解釈されていました。

 この定説に最初に異を唱えたのが、韓国の諜報機関「国家情報院(国情院)」です。2006年末、「高英姫は、高太文氏の娘ではなく、高ギョンテク氏の娘」と、日本で定説となっている情報が誤っていることを指摘しました。高太文氏と高ギョンテク氏には共通点が多く、日本のメディアや専門家らは混同してしまったようです。

 ここで高英姫さんに関する国情院の情報をまとめておきます。英姫さんは1952年生まれで、父親は高ギョンテク(1913年生まれ、1999年死亡)ということです。1951年生まれの兄、56年生まれの妹がいることになっています。

 では正恩氏の母方の祖父とみられる高ギョンテク氏はどんな人物なのか?という謎が残ります。韓国のネットメディア「デイリーNK」の高英起・日本支局長が、北朝鮮の宣伝グラフ誌「朝鮮画報」1973年3月号の「帰国者だより」の中に、その謎を解くヒントを見つけました。

 同誌によると、高ギョンテク氏は韓国済州島の船頭の三男に生まれ、1929年に日本に渡り、大阪の「広田裁縫所」で働いていました。日本人からひどい差別を受け、失業。その後、北朝鮮に渡ったたそうです。北朝鮮では咸鏡北道にあるミョンガン化学工場の労働者として働いていました。

 同誌には、高ギョンテク氏の家族として、金策工業大学に通う長男、ドンフン氏、商業高校を卒業し販売員となった長女、スンヨンさん、高等中学校を卒業した次男、テグン氏、咸興薬学大学に通う三女、ヨンスクさん、幼稚園に通う四女、ヨンスンさんが登場します。

 そして、さらに同誌には高ギョンテク氏の次女、ヨンジャさんが「金日成主席の配慮によって国家授勲の栄誉をにない、表彰までされた」と記されています。ヨンジャさんは、無料で奨学金まで受けながら音楽舞踊大を卒業し「功勲俳優」になったそうです。高支局長によると、このヨンジャさんこそが高英姫さんに違いないというのです。

 勲章を受章したのは1972年。当時、高英姫さんは20歳という若さで異例なことです。英姫さんは翌年、万寿台芸術団のスターとして日本で来日公演を行っています。この頃、英姫さんはすでに金総書記と出会い、特別な恩恵を受けていた可能性は十分にあります。

 同誌では、ヨンジャとカタカナ表記されていますが、漢字に直すと「英子」などが考えられます。日本統治時代は朝鮮の人でも、自分の娘に日本風に「○子」という名前をつけることがありました。

 高支局長によると、北朝鮮では日本から解放された1945年以降、女性の名前に日本風の「○子」をつけないよう指示を出し、すでに使っている女性には改名するよう指示を出したそうです。高英姫さんも北朝鮮に渡ってから名前を変えたことが考えられます。

 また高英姫さんには実際、英淑(ヨンスク)さんという実妹もいます。英淑さんは2001年、夫ともにスイス駐在米国大使館を通じて米国に亡命したとされます。英淑さんは1990年代後半からスイスなどに滞在し、正哲氏や正恩氏の留学の世話をしていたという話もあります。朝鮮画報には高英姫さんの実妹とみられるヨンスクさんの若き日の写真も掲載されています。英姫さんに直接会った人は、ヨンスクさんの写真を見て「(英姫さんの)若い頃の写真ではないのか。本人そっくり」と証言しているそうです。 

 今回の発見が事実とすれば、ベールに包まれていた正恩氏の母方の家族が明らかになったことになります。北朝鮮ではロイヤルファミリーに関する話はタブー視され、一般の住民はほとんど何も知らされていません。40年ほど前の朝鮮画報に、正恩氏の母方の祖父母や親族の姿が写っているということになります。また「元プロレスラーの娘」と“別人”にされていた高英姫さんが、本来の姿を取り戻したことになるかもしれません。

  

Posted by 『にっしゃん』 at 11:59Comments(0)國際

2011年12月27日

金正恩氏とは・・・





相手の体制がどうなろうが



こちらの姿勢が



一番の問題















じゃあなクレイジー












北新体制:金正恩氏を読み解く五つのキーワード
【朝鮮日報 2011/12/21】


 北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記が死去したことで、後継者となる若干29歳の金正恩(キム・ジョンウン)氏に北朝鮮の未来が託されることになった。

 北朝鮮の政治体制は非常に閉鎖的なため、金正恩氏の実像は今も多くのベールに包まれている。昨年9月に正式な役職に就くまでは、その名前も正確には伝わっていなかった。韓国政府の公式資料『北朝鮮の主要人物』に記載されている関連情報もわずか数行しかない。また金正恩氏の肉声も外部に伝えられたことがない。



■幼いころから金総書記の愛情を一身に受ける

 北朝鮮による公式の発表によると、金正恩氏は1982年1月8日生まれだという。母親は元在日朝鮮人舞踊家で、日本から北送船で北に渡り、金総書記の三番目の妻となった高英姫(コ・ヨンヒ)氏だ。金正恩氏は幼いころから勝負に対する執念が強く、スポーツ万能でリーダーシップもあり、外見も祖父の金日成(キム・イルソン)主席によく似ていたことから、父の金総書記の愛情を一身に受けて育ったという。

 金正恩氏は1998年から2000年まで、スイスのベルンにある国際学校に留学し「パク・ウン」という偽名を名乗って在学していた。スイス留学時代はバスケットをはじめとするスポーツや映画、コンピューターなどへの関心が高かったという。また、02年から07年までの5年間は、朝鮮人民軍幹部の養成機関に当たる金日成軍事総合大学に通った。複数の北朝鮮問題専門家は金正恩氏について「スイスから帰国した後に指導者としての教育を受け始めたのではないか」とみている。金正恩氏は後継者として正式に指名されるまで、住民の間で「青年大将」と呼ばれていた。



■2人の兄を押しのけて後継者に

 金正恩氏は昨年9月27日に朝鮮人民軍大将としての地位が与えられ、翌日の党代表者会では朝鮮労働党中央軍事委員会副委員長にも指名され、後継者として正式に公の場に姿を現した。

 「金正恩氏は金総書記の三男なのにも関わらず、後継者として指名されるようだ」という話は、昨年1月ごろから徐々に住民の間で広まり始めた。当時、金総書記は金正恩氏の誕生日に当たる1月8日、正恩氏を正式に後継者として指名し、この決定内容を含む教示が朝鮮労働党組織指導部に下達されたという。

 金正恩氏が後継者候補として注目され始めたのは、金総書記の健康状態が悪化し始めた2008年夏以降のことだ。元映画俳優の成恵琳(ソン・ヘリム)氏(2002年死亡)との間に生まれた長男の金正男(キム・ジョンナム)氏は01年5月、日本に密入国しようとして摘発されたことを機に、早くから後継者リストから除外された。また、母が同じ兄の金正哲(キム・ジョンチョル)氏も健康に不安を抱えている上、性格も内向的なため、やはり後継者候補から外されたという。金総書記は金正哲氏について「性格が女みたいで駄目だ」「正哲が怒るのを見たことがないし、野望もない。そのため朝鮮(北朝鮮)を統治する能力はない」などとよく話していたとのことだ。

 北朝鮮は昨年から後継者として金正恩氏の名を宣伝することに力を入れ始めた。とりわけ昨年の朝鮮労働党創建65周年記念軍事パレードには、米国のCNN放送をはじめとする世界のメディアを招待し、主席壇に並ぶ金総書記と金正恩氏の姿を公開した。しかしこのように大々的な宣伝が行われる一方で、北朝鮮では金正恩氏を「経験のないガキ」とさげすむ声もかなり多い。すると金正恩氏は金日成主席の服装やヘアスタイルを模倣するなど、祖父の後光を利用するかのような容姿や行動を示すようになった。



■感情の起伏が激しくリーダーシップあり

 東国大学のキム・ヨンヒョン教授は「金正恩氏は性格が積極的で、リーダーシップやカリスマ性のあるスタイルで知られている」と述べた。また感情の起伏が激しく、政治的な野望も強い上に、向こう見ずな側面もあると伝えられている。13年にわたり故・金総書記の専属料理人を務めた藤本健二氏は、金正恩氏について「バスケットボールをする時も非常に目立っていた。試合が終わると兄の正哲氏は友達とあいさつを交わしてすぐにその場を立ち去るが、正恩氏はコーチのように仲間を呼び集め、試合を分析していた」「野心が強くて断固とした性格だ」などと語っている。

 世宗研究所の鄭成長(チョン・ソンジャン)上級研究委員は「金正恩氏は軍事的には韓国に対して強硬な考えを持っているが、スイスに留学していた経験もあり、改革・開放に関しては故・金総書記よりも積極的だと聞いている。そのため北朝鮮に対する経済支援の拡大などによって金正恩氏の軍事冒険主義的な性格を弱め、実用的な考え方に転じるよう仕向ける必要があるだろう」と述べた。   

Posted by 『にっしゃん』 at 07:17Comments(0)國際

2011年12月26日

民主党、初の離党者!?





『公約違反』は



これだけちゃうけど・・・・・








寄せ集めの



選挙互助会パフォーマンス政党の



崩壊がはじまったのかも・・・・・

















じゃあなキョロキョロ













民主党中島政希議員 離党届け
【NHK news web 12月24日 】

民主党の群馬県連の会長代行を務める中島政希衆議院議員は、記者会見し、野田政権が群馬県の八ッ場ダムの建設継続を決めたことは先の衆議院選挙の政権公約に反し容認できないとして、党本部に離党届けを提出したことを明らかにしました。

この中で、中島氏は、野田政権が23日、群馬県の八ッ場ダムの建設を継続することを正式に決定したことについて、「マニフェストに明確に違反し、民主党を支持した多くの国民の信頼を裏切るもので、到底容認することはできない。みずからの政治責任を明らかにしておかなければならない」と述べ、24日朝、民主党本部に離党届けを提出したことを明らかにしました。

そのうえで、中島氏は「八ッ場ダムの問題は、一公共事業の是非にとどまらず、日本の今後の国の形に関わる象徴的な問題だ。


民主党は、今回の対応により、結党以来掲げてきた改革の旗をみずから捨てたと言わざるをえない。政党政治の歴史に汚点を残す歴史的愚行だ」と述べ、野田総理大臣ら民主党執行部の対応を批判しました。

中島氏は、比例代表北関東ブロック選出の当選1回で、党の群馬県連の会長代行を務めています。民主党内には、中島氏のほかにも、八ッ場ダムの建設継続に反発する意見があるほか、消費税率の引き上げを伴う社会保障と税の一体改革を巡っても「政権公約に反している」などとして、離党を検討している議員もいます。執行部は、党の結束維持に努める方針ですが、中島氏が離党を表明したことで、今後、野田総理大臣や執行部に対する批判が強まることも予想されます。







前原氏が慰留の意向も「残る気持ちない」
【日テレ news24 2011年12月24日】

 
 政府が八ッ場(やんば)ダム(群馬・長野原町)の建設再開を決めたことを批判し、24日、民主党本部に離党届を提出した中島政希衆議院議員について、前原政調会長は慰留したいとしているが、中島氏は「党に残る気持ちはない」と述べた。

 中島氏「(八ッ場ダム建設再開は)政権公約に明白に違反するものであり、民主党を支持した広範な国民の信頼を裏切るものと言わざるを得ません。愚かな決定に怒り、涙を流している人がたくさんいる。私はその人たちと今後も、行動を共にしていきたい」

 中島氏は、八ッ場ダムのある群馬県の民主党県連会長代行で、これまで建設の中止を訴えていた。前原政調会長は「共に闘ってきた同志なので慰留したい」としているが、中島氏は「党に残る気持ちはない」と述べている。離党届が受理されれば野田政権では初の離党者となる。  

Posted by 『にっしゃん』 at 07:17Comments(0)政治

2011年12月25日

FX決定の背景

公開された米ロッキード・マーチンF35戦闘機のタッチパネル式コックピットのデモ機




自国の政府を



まったく信用できない



悲しさ・・・・・














じゃあななき













新聞では読めないFX決定の背景
【YOMIURI ONLINE 2011年12月21日】調査研究本部主任研究員 勝股秀通


 「中国とロシアがステルス機を開発しており、対抗するにはステルス性の高い戦闘機を持つことが不可欠」――。防衛省と航空自衛隊は次期戦闘機(FX)でF35を選定した理由をそう説明する。
 だが、レーダーに映りにくいステルス機に対抗するには、地上のレーダーと上空からの赤外線センサーなどを組み合わせた高度な防空システムを構築し、早期にステルス機の侵入を探知、迎撃することが何より重要だ。ステルス機を撃ち落とすにはステルス機が絶対に必要というわけではない。それは空自の中では常識でもある。

 ではなぜ、そんな的はずれな説明までして、FXを米ロッキード・マーチン社(ロ社)が中心となって開発するF35Aライトニングに決めたのか――。それは今の航空自衛隊にとって、米空軍との連携や連帯感を、これ以上弱体化させてはならないという強い危機感があったからだ。性能比較や価格など総合的に機種を選定すると言い続けてきた以上、米空軍との連携強化や日米同盟のためとは言えなかったのだろう。

 少し時計の針を戻してみよう。FXの選定が事実上始まっていた2008~09年、防衛省は世界最強の戦闘機とされる米国ロ社製のF22ラプターを本命視してきた。当時の航空幕僚長は記者会見で「ノドから手が出ている」と言い、浜田靖一防衛相や空自幹部らは、何度も訪米しては日本への供与を要請し続けていた。

 だが、米国の反応は冷たく、米議会は早々に高度な軍事技術の輸出禁止を決め、しかも「空自に供与するのなら、イスラエル空軍の方が先だ」といった発言まで聞こえてきた。

 1980年代半ば、海上自衛隊が米海軍に門外不出のイージス艦の供与を求めた時とは大違いだ。軍事技術の塊だったイージス艦について、米議会は日本への供与に強く反対した。その反対を押し切ってまで海自への供与が実現したのは、「米空母が日本周辺で行動する際、海自のイージス艦も艦隊護衛の一翼を担う」という米海軍の説明があったからだ。つまり、米海軍と海自の間には一緒に戦うという強い信頼と結束があったのだ。

 それに引き換え、80年代の空自は、年に15回前後も日米共同訓練を実施していたが、今では年1~2回にまで激減している。冷戦後、湾岸戦争(1991年)のような多国籍軍や有志連合(Coalition)が軍事行動の主流となり、共に汗を流すこともなく、せいぜい後方支援の輸送でしか参加できない空自を強くすることなど、米軍の戦略にとって必須の条件ではなくなってしまったからだ。95年には、米空軍が同盟国と実施しているF15戦闘機の戦技研究の場から空自パイロットは閉め出されてしまった。

 しかも、日本を標的とする北朝鮮の弾道ミサイルに対し、ミサイルの発射基地攻撃が現実味を帯び始めながらも、国内では「最も危険な攻撃は米空軍、防空は空自」という意見が大勢で、空自幹部は「米空軍の幹部から『これからも空自と一緒に戦うことはないだろう』とまで皮肉られた」と明かす。

 さらに、ここにきて米軍は、中国の脅威に対抗するため「エア・シー・バトル構想 Air-Sea Battle concept」を戦略の柱に掲げた。構想は煮詰まっていないが、米軍は中国の脅威が及ばない地域までいったん退き、その後、遠方から海空戦力によって反撃するという考え方とみられ、防衛省幹部は「中国の出方次第では、米軍は日本から退く可能性がある」と危機感を強めている。

 FXは、米海軍が使用するFA18、欧州が共同開発したユーロファイター・タイフーンの2機種も候補となった。単純な性能比較であれば、「F35が優位なのはステルス性だけ」(空自幹部)であり、高速飛行能力と運動性能に勝るタイフーンに軍配が上がる可能性もあった。だが、このまま空自と米空軍との関係の希薄さが続けば、〈日本を守れない〉という意識が選定の最大要因となったことだけは確かだ。

 もちろん、民主党の鳩山政権が沖縄問題を含めて米国との関係を軽視し、対米関係を戦後最悪に近い状況にまで陥らせてしまったことも、選定に大きな影響を与えている。しかし、こうした様々な状況の中で、F35は米空軍の次期主力戦闘機であり、それ以外の機種を選ぶ選択肢は、防衛省と航空自衛隊にはなかったのだ。

  

Posted by 『にっしゃん』 at 08:17Comments(0)軍事

2011年12月24日

諜報能力





日本は・・・



これ以下やねんで・・・








国民の安全・国益のために



諜報能力は



上げるべきや


















じゃあなクレイジー












金総書記死去:何も知らなかった国情院に批判集中
2011/12/21 11:03


 北朝鮮の最高指導者が突然死亡するという安全保障上重大な事態が発生したにもかかわらず、韓国政府は全くこれを知らずにいたという事実が、20日に公式確認された。

 今月19日午前、北朝鮮が「重大事案の発表」を予告した直後、国会情報委員会の権寧世(クォン・ヨンセ)委員長は、国家情報院(国情院)の高官に「もしかして金正日(キム・ジョンイル)総書記が死去したのではないか」と電話で尋ねた。しかしその高官は「違う」と答え、さらに、違うと判断する根拠として三つの状況を説明したという。北朝鮮が「金正日総書記の死」を放送する、わずか20分前のことだった。

 元世勲(ウォン・セフン)国情院長は20日、非公開で行われた国会情報委に出席し、知らなかったのは事実だと確認した。与野党の議員が伝えるところによると、「北朝鮮のテレビ発表まで、本当に知らなかったのか」という議員の質問に対し、元院長は「知らなかった」と答弁したという。また元院長は「(金総書記の死亡は)北朝鮮内部でも(ごく少数を除き)知らなかった。昨日(19日)訓練に出た北朝鮮軍の部隊が、午前中にミサイルを発射したものの、昼12時の発表後は残りのミサイル発射を取り消し、部隊復帰命令を下した点などからみて、北朝鮮内部でもごく少数の側近しか知らなかったものとみられる」と語った。

 議員たちが再度「国情院が二日間、何の情報も得られなかったというのでは話にならないのではないか」と言うと、元院長は「こういうことは、北朝鮮が内部で閉ざしてしまえば、どこであれ情報の把握は困難。米・日・中・ロ、全て韓国と同じ状況だったと思う」と答弁した、と情報委の出席者たちは伝えた。元院長は、金総書記が死去した時刻前後に「有線・無線通信の量が急増したことはなかった」「(国情院は)主に北朝鮮軍部の動きで情報をつかむが、特別な動きはなかった」と語った。

 韓国軍について責任を有する国防部(省に相当)の金寛鎮(キム・グァンジン)長官も、20日に国会国防委員会に出席し「ニュースを見て知った」と語った。金長官は「北朝鮮の閉鎖性など、特殊な状況から見て、(死亡を)知るのは極めて難しい状況だったが、こうした能力を拡充するため、不断に努力したい」と答弁した。外交通商部の金星煥(キム・ソンファン)長官もまた、国会外交通商統一委員会で「情報力不在に対するお叱りに対しては、言うべき言葉がない」と答弁した。ただし、統一部の柳佑益(リュ・ウイク)長官は「情報は、情報を知っても知らせないという側面がある」と語った。

 与野党の議員は、国情院長の辞任など、問責を要求した。ハンナラ党の洪準杓(ホン・ジュンピョ)議員は「国情院は“町の情報院”だという声を聞くが、今は、最も重要な軍事情報も把握できなかったとすると、責任を取るのがふさわしい」と語った。自由先進党の李会昌(イ・フェチャン)元代表は「国情院は眠っている機関」と語り、同じく自由先進党の朴宣映(パク・ソンヨン)議員は「元世勲院長は辞任すべきだ」と語った。  

Posted by 『にっしゃん』 at 07:17Comments(0)國際

2011年12月23日

祝 天長節







おめでとうございます












祝 天長節
【産経抄 12.23】
 
天皇陛下がきょう、78歳の誕生日を迎えられた。〈かしこくも皇子(みこ)生(あ)れませり九重(ここのえ)の御苑(みその)の松に日の上(のぼ)るころ〉。昭和8(1933)年のきょう、喜びにわく早朝の宮中の様子を、御歌所所長の入江為守が詠んでいる。

 ▼この歌を含め、昭和元年から50年までにつくられた短歌4万5千首を集め、昭和史をつづった全21巻の『昭和萬葉集』(講談社)は、刊行当時大きな話題となった。その編纂(へんさん)に当たった菅野匡夫(すがの・まさお)さんが、今月『短歌で読む昭和感情史』(平凡社新書)を上梓(じょうし)した。

 ▼激動の昭和を日本人がどう生きたのか、短歌を通して明らかにする試みだ。日本最古の歌集『萬葉集』は、作者があらゆる階層にまたがっていた。しかし、その後の和歌の歴史に、庶民はほとんど登場しない。

 ▼1200年後に出た『昭和萬葉集』は、再び有名無名の作者が1万5千人を超えた。なぜ編纂が可能だったのか。菅野さんは、昭和10年代小学校の国語の教科書に短歌が採用された影響が大きいとみる。戦場で多くの名歌が生まれたのも、若者が子供時代に短歌に触れていたからだ。

 ▼もちろん、生涯に9万3千首もの歌を遺(のこ)された明治天皇はじめ、歴代天皇が折に触れ歌を詠まれる、皇室の伝統があってこそでもある。〈戦(いくさ)なき世を歩みきて思ひ出づかの難(かた)き日を生きし人々〉。天皇陛下は平成17年の歌会始で、昭和の日本人の苦難を忘れまい、との決意を歌に託された。

 ▼今年3月11日以来、歌を詠まずにはいられない気持ちで過ごしてきた人が、少なくない。肉親を失った悲しみ、荒廃した故郷への絶望、そこからわき起こる復興への渇望…。それらを含めた新たな『平成萬葉集』が、いつか編纂されることだろう。

◇  ◇  ◇

『皇太子さまお生れなつた』
 明仁親王殿下(今上天皇陛下)のご誕生を祝して昭和9年(1934年)に作られた作品。
謹作:北原白秋、謹曲:中山晋平、謹唱:平山美代子・高山得子・松本俊枝
ビクター
 皇女様しかお生まれになっておられなかったので,日本国中がわいた.
http://kouzuke.s11.xrea.com/nippon/kashi/koutaisisama-oumarenatta.html



『皇太子さまお生れなつた』
   北原白秋 作詞  中山晉平 作曲

日の出だ日の出に 鳴つた鳴つた ポーオポー
サイレンサイレン ランランチンゴン
夜明けの鐘まで
天皇陛下お喜び みんなみんなかしは手
うれしいな母さん 皇太子さまお生れなつた

日の出だ日の出に 鳴つた鳴つた ポーオポー
サイレンサイレン ランランチンゴン
夜明けの鐘まで
皇后陛下お大事に みんなみんな涙で
ありがとお日さま 皇太子さまお生れなつた

日の出だ日の出に 鳴つた鳴つた ポーオポー
サイレンサイレン ランランチンゴン
夜明けの鐘まで
日本中が大喜び みんなみんな子供が
うれしいなありがと 皇太子さまお生れなつた

http://cm-song-movie.blogspot.com/2010/12/blog-post_24.html  

Posted by 『にっしゃん』 at 22:58Comments(0)愛国

2011年12月23日

七面鳥の代わり





かぶりつくのが美味い説も解るが




食いにくいんじゃ
















じゃあなドキドキ






  

Posted by 『にっしゃん』 at 12:35Comments(0)ロータリークラブ

2011年12月23日

卓話





本年最終の例会



卓話は



中央ロータリーが誇る



ヤノ先輩ピカピカじゃ









スピリチュアルで



勉強になる



素晴らしい卓話でした拍手







お  わ  だ  ま  さ  こ
  ↗  ↘  ↗  ↘   ↗
か  わ  し  ま  き  こ




意味判りますか!?
















じゃあなキョロキョロ
  

Posted by 『にっしゃん』 at 07:17Comments(0)ロータリークラブ

2011年12月22日

二次会






育友会の先輩方と



飲んだわ







今週も・・・



毎晩じゃ







肝臓よ



頑張ってくれ



















じゃあな叫び



  

Posted by 『にっしゃん』 at 19:17Comments(0)PTA

2011年12月22日

双見倉庫 様




引扉のガイドレール




直すで















じゃあな(^0^)/  

Posted by 『にっしゃん』 at 10:39Comments(0)施工事例

2011年12月21日

リアルタイム

23:56発



最終電車で





移動中






先輩方





たのんますわ

















じゃあな(^0^)/
  

Posted by 『にっしゃん』 at 23:57Comments(0)

2011年12月21日

鳩山元総理に痛烈批判





こういう骨のある議員は



応援してあげるべきと思う









それにしても・・・



ルーピーの思考回路だけは



どうしても



理解できん















じゃあなクレイジー










「憲法改正語る資格ない」鳩山元総理に痛烈批判
【テレ朝ニュース 12/16】
http://news.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/211216029.html

 憲法改正を目指す勉強会で、民主党の鳩山元総理大臣が痛烈な批判を浴びました。

 自民党・宇都隆史参院議員:「鳩山先生は改憲派だと初めて知った。総理でいる時に、一度でもそういう話をされたのか。鳩山元総理にこんなことを語る資格はないし、聞きたくもない」

 超党派の勉強会に招かれた鳩山氏への批判に対し、同じ自民党の議員が「鳩山氏の改憲案は我々と通じるものがある」と取りなしましたが、宇都氏は納得しません。

 自民党・宇都隆史参院議員:「講師として納得できない。きょうをもって、この会を脱退させて頂きます」

 鳩山氏は、国会の二院制について「法案成立に時間がかかりすぎる」として一院制への変更など持論の改憲論を展開しましたが、水を差されてしまいました。  

Posted by 『にっしゃん』 at 07:17Comments(0)政治

2011年12月20日

迎合姿勢が誤解招く









いろいろと



気ぃ遣うとんねんやろけど・・・








もっと強く言うべき事があるでしょ


















じゃあなフンッ















【日韓首脳会談】「慰安婦」蒸し返され融和路線破綻
【サンケイ エクスプレス 2011/12/19】

 野田佳彦首相(54)は18日、韓国の李(イ)明(ミョン)博(バク)大統領(70)と京都市の京都迎賓館で会談した。慰安婦問題の「優先的解決」を求めた大統領に対し、首相は法的には決着済みとしながらも、人道的見地からの対応を検討する考えを示した。
 韓国大統領府によると、会談は約1時間行われ、そのうち約40分が慰安婦問題に割かれた。大統領は慰安婦問題について「両国関係の障害」と指摘した上で「優先的に解決する真の勇気を持つ必要がある」と述べ、政治決断を迫った。
 野田首相は「わが国の法的立場は決まっている。決着済みだ」と述べる一方で、「これからも人道的な見地から知恵を絞っていきたい」とした。
 野田首相はソウルの在韓日本大使館前に「慰安婦の碑」が設置されたことに対しては「誠に残念だ」と述べ、早期撤去を求めた。
 日本固有の領土である竹島について両首脳が直接言及することはなかったが、野田首相は韓国が竹島の実効支配を強めていることを念頭に「日本側が提起している困難な問題もある」と述べた。一方で「日韓関係に悪影響を及ぼさないよう、ともに大局的見地から努力したい」と語った。
 北朝鮮の核開発や拉致事件などに対しては、日米韓で連携して対応することを確認した。
 2004(平成16)年以降中断している日韓経済連携協定(EPA)の締結交渉を再開する方針では一致したが、具体的な進展はなかった。
     
 野田首相は18日の日韓首脳会談で、韓国人元慰安婦をめぐる賠償請求問題について「決着済み」と指摘しつつも、「これからも人道的見地から知恵を絞っていこう」と述べた。だが、この問題が蒸し返され続ける背景には、韓国側の事実誤認・曲解に基づく根強い反日感情がある。日本側の無原則な譲歩や人道的支援はかえって事態を長引かせ、悪化させるばかりで、何ら解決にならない。


■首相「人道的見地」
 日韓間の請求権問題はすでに「完全かつ最終的に解決」されているにもかかわらず、首相が「人道的見地」に言及したのは、村山内閣時に創設され、2007年に解散した「アジア女性基金」が念頭にある。
 外務省幹部は「特定のものが念頭にあって発信したものではない。実務レベルではそういう話はない」と否定するが、政権中枢のこれまでの発言をたどると疑いようがない。
 実際、民主党の前原誠司政調会長(49)は17日、記者団に「村山政権のときにさまざまな取り組みをしてきた」と指摘した。前原氏は10月に訪韓したときも「何らかの人道的な仕組みを検討する余地があるのではないか」と語り、新たな基金創設構想を披露している。
 アジア女性基金は、請求権問題が解決済みだからこそ、政治判断で民間の寄付金を募り、道義的な形で一時金(償い金)を支払うというものだった。
 ところが、これに対し韓国の慰安婦支援団体などは「政府の賠償金ではなく国民の寄付ではごまかしだ」と主張した。こうした団体の反発で当初は基金に前向きな姿勢だった韓国政府も後退し、当時の金(キム)大(デ)中(ジュン)大統領も「そういうものをもらえば、ことの本質をすり替えることになる」と受け取りに反対した経緯がある。
 結局、一時金を受け取ろうとした元慰安婦は韓国内で糾弾されるはめに陥り、「受け取った人数は非常に限られている」(外務省幹部)と散々だった。野田首相は、過去の苦い失敗の轍(てつ)を再び踏んでどうしようというのか。


■迎合姿勢が誤解招く
 民主党政権では昨年7月、当時の仙谷由人官房長官(65)も「(日韓基本条約で)法律的に(日本に)正当性があると言ってそれだけでいいのか」と発言した。こうした迎合的姿勢が、韓国側の個人賠償への期待感を不必要に膨らませてきたことは間違いない。
 慰安婦問題で必要なのは「人道的見地」はない。史実をきちんと解明し、ありえない「慰安婦強制連行」説を葬り去り、それを韓国側にも正確に伝えることではないか。



【用語説明】
 元慰安婦の賠償請求問題 1965年の日韓国交正常化に関する協定で、両国は個人賠償請求権放棄で合意。しかし、慰安婦問題は別という韓国側の要求もあり、日本政府は「償い金」支払いなどを目的にした財団法人「女性のためのアジア平和国民基金」を設立。基金は役割を終え2007年に解散したが、韓国の元慰安婦支援団体などは日本政府による正式な補償を求めている。
 女性のためのアジア平和国民基金(アジア女性基金) 社会党の村山富市首相の下、1995年7月に発足。国民から集まった約6億円に上る寄付金をもとに、首相のおわびの手紙をつけて韓国、台湾、フィリピンの元慰安婦285人に1人当たり200万円の一時金(償い金)を支給した。






【日韓首脳会談】政権末期「過去カード」にすがる
【サンケイ エクスプレス 2011/12/19】

 日韓首脳会談での李明博大統領の慰安婦問題をめぐる発言は、当初の予測よりも強く、情に訴えるものだった。李大統領は会談の冒頭、「経済問題の前に過去の歴史の懸案、従軍慰安婦問題について話さねばならない」とクギを刺した。



■情に訴える言葉繰り返す
 慰安婦問題を「法以前の国民情緒や感情の問題だ」と言う李大統領からは「誠意ある措置」「温かい心に基づいた解決策」「大局的に考えてほしい」「分かってほしい」など、情に強く訴える言葉が目立った。
 日韓国交正常化に関する協定で両国が個人賠償請求権の放棄で合意し、慰安婦問題が解決済みであることは、大統領自身承知のはずだが、現場にいた韓国政府当局者に「首脳会談であれほど李大統領が熱を帯びて語る姿を見たことがない」と言わせるほどだった。
 消息筋によると、李大統領は「韓流ブーム」で日本の韓国に対する印象が良好な中、日本の対韓国感情悪化を最低限に抑えようと、首脳会談に臨んだという。一連の発言は一応それをふまえたものだったようだ。
 韓国では政権末期になると、求心力を失ったときの政権が日本に対する“過去カード”を切ることが繰り返されてきた。財界人出身で現実路線をとる李大統領だが、任期1年あまりの政権末期を迎え、情緒的に訴えざるを得ず、ついに過去カードを使った。




■大統領周辺で不祥事続出
 韓国国内では最近、与党議員を務める李大統領の実兄の秘書のほか、大統領夫人のいとこがあっせん収財容疑などで逮捕されている。大統領周辺に逮捕者が出るのも、韓国の政権末期に必ずといっていいほど見られる出来事だ。
 大統領周辺の不祥事続出。そんな中での大統領自らによる過去・歴史がらみの対日圧力。韓国特有の政権末期の現象だが、今回も韓国の大統領は、国内世論に押されるかたちで慰安婦問題を持ち出した。困惑する日本の姿に、韓国側は過去カードがまだ十分、利用価値があることを確認したわけだ。
 皮肉なことに、過去カードの価値確認は、韓国の政権末期に日韓の間で何度も繰り返されてきている。  

Posted by 『にっしゃん』 at 18:17Comments(1)外交

2011年12月20日

歴史捏造




捏造というより




『改竄』やね














じゃあな(^0^)/
  

Posted by 『にっしゃん』 at 08:17Comments(0)

2011年12月19日

先輩の店で





asahina-社長じゃ
http://akk.tenkomori.tv/



いつも御世話になっております
















じゃあなクラッカー


  

Posted by 『にっしゃん』 at 11:52Comments(0)JC

2011年12月19日

比海軍 対中警備を強化





赤い点線




ムチャクチャやな・・・














じゃあなオドロキ








フィリピンの新巡視船「グレゴリオ・デル・ピラール」の就役式に臨んだベニグノ・アキノ大統領(中央の3人の真ん中)。対中警戒心を隠そうともせず、米軍の協力を仰いだ軍備の近代化を訴えた=14日、マニラ南港(AP)





「最弱」比海軍 対中警備を強化 南シナ海に新巡視船を配備
【産経ニュース 2011/12/16】

 フィリピン海軍は14日、米国から購入した艦船を改良した新しい巡視船の就役式をマニラで行った。式典でベニグノ・アキノ大統領(51)は「ただちにわが国の主権が及ぶ西フィリピン海(南シナ海)に配備する」と語り、中国などと領有権を争う南沙(英語名スプラトリー)諸島がある南シナ海の警備強化が目的であることを明言した。陸海空三軍とも東南アジア最弱とされる装備しか持たないフィリピンは、領有権問題については多国間協議による話し合い解決を一貫して提唱しているが、軍拡に走る中国が聞く耳を持たない状況下で中国に対する脅威感を強め、軍の近代化を急ぐとともに薄れた米国との同盟関係の再構築に乗り出している。



 ■「主権、行動で守る」

 新たに就役したフィリピン海軍の巡視船は、米沿岸警備隊のハミルトン級長距離巡視船だった中古艦を改良したもので、フィリピン独立運動の国民的英雄の将軍、グレゴリオ・デル・ピラール(1875~99年)の名が付けられた。AFP通信によると、アキノ大統領は「パトロールを強化し、論議の余地のないフィリピンの主権を行動で守らなければならない」と強調。黄海の違法操業での中国漁船と中国政府の対応の横暴さが、国際的に注目されている時期とも重なり、大統領の言葉には力がこもった。

 南シナ海をめぐっては、中国、台湾、フィリピン、ベトナム、マレーシア、ブルネイ、インドネシアの7カ国・地域が複雑に領有権を主張。話し合い解決を目指すフィリピンは今年6月、東南アジア諸国連合(ASEAN)の海事専門家会議の場で、「南シナ海を非論争地域と論争地域に分け、非論争地域は主権保有国が開発権を有し、論争地域は主権を主張する複数国が協力開発する」とした南シナ海分割論を提唱して注目された。しかし、中国外務省に「問題の本質は中国と周辺国家による論争であり、南シナ海が中国の核心的(絶対に譲れない)利益であることは明白だ」と一笑に付された経緯がある。



 ■米と初の2プラス2

 東西冷戦時代、フィリピンには米軍のスービック海軍基地とクラーク空軍基地が陣取り、ベトナムのカムラン湾に基地を置いたソ連ににらみを利かせていた。しかし、ソ連の脅威が消滅し、米軍撤退が主権回復の象徴だととらえるフィリピン世論に押され、1992年に両基地は返還(閉鎖)された。その後、米国との同盟関係とフィリピンの軍事力は弱体化し、94年には南沙諸島ミスチーフ礁の実効支配を中国に奪われている。

 現在のフィリピン海軍の主要艦艇は「グレゴリオ・デル・ピラール」を除くと、第二次大戦中に就役した米海軍の払い下げフリゲート艦である「ラジャ・フマボン」だけという貧弱さだ。こうした状況から、フィリピンは「米比相互防衛条約」を南シナ海での「有事」にも適用し、フィリピン軍の装備の増強、更新を米側が支援することで6月に合意した。11月にはヒラリー・クリントン米国務長官(64)がフィリピンを訪問。1月にワシントンで外務、国防担当閣僚が米比安全保障協議会(2プラス2)を初めて開くことを決めた。14日の式典ではボルテア・ガズミン比国防相(67)が「来年、米国から中古船をさらに1艦購入する」と言明。南シナ海には再び冷戦期の緊張が漂っている。   

Posted by 『にっしゃん』 at 07:17Comments(0)國際

2011年12月18日

日印共同事業に45億ドル





インドとの



軍事同盟は



有効か・・・・・!?














じゃあなキョロキョロ












日印共同事業に45億ドル融資 月末の首脳会談で表明へ
【msn産経ニュース 2011.12.16】

 27~29日にインド訪問を予定する野田佳彦首相が、シン首相との日印首脳会談で、共同開発プロジェクト「デリー・ムンバイ間産業大動脈構想」のインフラ整備に約45億ドル(約3500億円)の融資を表明する方針を固めたことが15日分かった。経済支援をてこに海洋安全保障での連携を強化し、日米などの「中国包囲網」にインドを引き込む狙いがある。

 複数の政府筋によると、デリー-ムンバイ間に約1500キロの貨物専用鉄道を敷設する事業が構想の柱。これを物流の「背骨」に見立て周辺に工業団地や道路・港湾なども整備する計画で、融資はインフラ展開を加速させる起爆剤となると位置付けている。

 首脳会談では、当面の事業費として約90億ドルを両国が折半することで合意する見通し。日本側は国際協力銀行(JBIC)の融資と円借款で供与し、その際、インド政府系金融機関を通じ企業などに融資する「ツーステップ・ローン」を活用し、個別事業の採算性を担保させる。

 構想は自民党政権下の2006年12月、日本側の提案で始動し、官民共同の「産業大動脈開発会社」が08年1月に設立された。

 09年に民主党政権となり構想は停滞していたが、野田首相は訪印により事態打開を目指す。インド政府高官らが取締役を務める開発会社にも日本から取締役を送り込む考えだ。

 また、チェンナイ-バンガロール間の交通インフラ整備への支援強化も打ち出す方針。インドでは水や電力も不足しているため、海水淡水化や再生可能エネルギーに関する技術供与や、経済連携協定(EPA)を土台にした貿易・投資の促進策も検討していく。
 首相は15日、「パッケージ型インフラ海外展開」に関する関係閣僚会合でも同構想について協議した。






来年、初の海上共同訓練 日印防衛相が合意
2011.11.2 20:26

 一川保夫防衛相は2日、インドのアントニー国防相と防衛省で会談し、海上自衛隊とインド海軍による初の共同訓練を平成24年に実施することに合意した。一川氏の12年中のインド訪問でも合意。日本側は中国の海洋進出を踏まえ、インドとの防衛協力を強化したい考えだ。

 会談で一川氏は「日本とインドが防衛協力を深めることがアジア太平洋地域の平和と安定につながる」と強調。アントニー氏も「インドは日本との関係を最重視している。防衛関係の強化に力を合わせたい」と応じた。

 両氏はシーレーン(海上交通路)の安全を国際社会が協力して守ることが重要との認識で一致。中国が権益拡大の動きを見せる南シナ海問題でも意見交換した。





日印の合同軍事演習、アジアにマイナス影響の恐れ=中国
【サーチナ 11月4日】

 インドの外相と国防相が相次ぎ日本を訪問し、経済・軍事問題について戦略対話を行った。両国外相は今回の会談で何の文書にも調印しなかったが、インドのクリシュナ外相が提案したインド海軍の日本の海上自衛隊の共同訓練が、まもなく開く国防相会談の重要議題にのぼる。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。

 ここ数カ月あるいはここ数年に、米日印による軍事的接触があったが、日本とインドが共同訓練を行うのは初めて。尹卓海軍少将によると、共同訓練は通常テーマを決めるが、日印訓練の内容はおもに海上安全保障に向けた協力、人道主義救援、海上救助、海賊対策、国際犯罪対策などで、いずれも非伝統的な安全分野におけるテーマで、紛争や戦争をイメージした演習ではない。日米間の作戦予行演習、対潜水艦演習、制空権獲得演習など実弾を使った演習とは次元が違う。日印は同盟国の関係ではない。この点は、演習の内容からも見て取れる。

 この共同訓練は両国間の戦略的行動も反映している。政治関係の好転、経済関係の密接化にあわせ、軍事関係もさらに進展させれば、両国関係の全面的な発展を推し進めることができる。双方にとって、これは両国関係を好転するいい傾向といえるが、アジア太平洋の安定にとってはマイナスの影響が予想される。

 南シナ海問題に詳しい学者によると、インド、ベトナム、日本などは緊密に活動し、同盟を結ぶ傾向がみられるが、まだ中国を牽制(けんせい)するレベルにはほど遠い。アジアの安全構造は再編成の過程にあるが、その過程はこれらの国だけでなく、中国がいかに反応するかによって決まる。  

Posted by 『にっしゃん』 at 08:41Comments(0)國際

2011年12月17日

セーシェルに軍事代表団










セーシェルの夕日には




似合わん














じゃあなフンッ














中国、セーシェルに40人の軍事代表団を派遣、兵力650人の小国に軍事基地建設か
【朝鮮日報 2011/12/05】


 2000年代半ばからインドのけん制と原油輸送路の保護を目的として、インド洋への進出を模索してきた中国が、インド洋南西部の島国、セーシェルに軍事基地を建設する方向で協議していることが分かった。

 中国の梁光烈国防相は1日から3日まで、約40人の軍事代表団を率い、セーシェルを訪問した。朱福煕・空軍政治部主任(中将)も同行した。セーシェルの兵力は予備役を含めても約650人にすぎず、単純な軍事交流とは考えられないというのが専門家の分析だ。

 セーシェルのアダム外相は、中国側との会談後「中国にセーシェル諸島のマへ島に軍事基地を建設することを提案した。中国は現在、実現の可能性を検討している」と述べた。

 セーシェルはアフリカ東沖にあるマダガスカルの北東に位置する群島国家で、海賊が出没するソマリア海域やアフリカ海域から1300-1500キロ離れている。インド洋の中央部までも1500キロほどの距離だ。ここに海軍、空軍の基地を確保すれば、インド洋でインドをけん制する役割を果たすことができる。

 中国はこれまでに、インド洋への進出基地として、パキスタン南部のクワダル港の建設に多額の費用を支援した。しかし、インドと隣接するパキスタンに軍港を設けた場合、米国やインドの強い反発が避けられない。しかし、セーシェルはインド南部から2800キロ離れている上、海賊取り締まりという名分が立ち、相対的に軍事基地の建設が容易といえる。

 中国軍は最近、海外進出を急いでいる。今月末からはインドシナ半島を縦貫するメコン川に中国の水上警備部隊1000人を派遣し、パトロールに着手した。また、西部の新疆ウイグル自治区のイスラム・テロ勢力に備えるため、パキスタン北部の山岳地帯に軍事基地を建設する計画についても、交渉を進めていることが明らかになった。
  

Posted by 『にっしゃん』 at 11:57Comments(0)軍事

2011年12月17日

『花*花』のお二人に





はさまれて



シアワセいっぱい



アホいっぱい















じゃあな花火


  

Posted by 『にっしゃん』 at 07:17Comments(0)ロータリークラブ

2011年12月16日

平和な夜に





コウちゃん社長



壊れた・・・マイク

















じゃあな拍手



  

Posted by 『にっしゃん』 at 18:31Comments(0)ロータリークラブ

2011年12月16日

中国の海洋監視船「海監50」が出航









どれ程の



国益を失えば



気付くのか・・・・・









日本では



領土・領海を



守る意識を高める教育は



一切、行われていない






世界では珍しい















じゃあなフンッ













中国の海洋監視船「海監50」が出航、東シナ海ガス田の周辺海域へ
【サーチナ 2011年12月14日】


 中国国家海洋局の最新型の海洋監視船「中国海監50」が13日、上海ふ頭から初出航した。日中間で共同開発が懸案事項となっている東シナ海ガス田の周辺海域などを航行する。中国国営新華社通信が13日伝えた。(※写真は2010年8月に海上訓練を行う姉妹船の「中国海監83」)

 記事によると「中国海監50」は、日中間でガス田の共同開発が懸案事項となっている東シナ海の「白樺」(中国名・春暁)および平湖ガス田の周辺海域と、中韓が領有権を争う黄海の日向礁(韓国名・可居礁)および東シナ海の蘇岩礁(韓国名・離於島)付近の海域を初めて巡航する。

 中国海監東海総隊(「東海」は東シナ海の意味)の劉振東総隊長は、「中国の排他的経済水域(EEZ)内の権益を守るため」と話している。

 「中国海監50」は、海洋調査と巡視を兼ねる3000トン級の大型海洋監視船で、最新の設備を備えており、総合的性能は目下中国で最高という。南シナ海を巡航する「中国海監83」の姉妹船となる。

 中国海監は中国国家海洋局に属する海上巡視活動の実動部隊。記事によると、2006年7月以降、北は鴨緑江口から南は南シナ海南沙(スプラトリー)諸島の曾母暗沙まで、中国が主張する管轄海域および上空を定期的に巡航し、「中国の海洋権益を守る」活動をしている。現在約9000人が所属し、保有する監視船は280余隻で、うち1000トン級以上が27隻という。




新型船2隻で合同巡視へ 中国、東シナ海ガス田海域
2011.12.15 00:11

 14日の新華社電は、中国・上海から13日に初航海を始めた中国国家海洋局の最新鋭の海洋調査船「中国海監50(ZHONGGUO HAIJIAN 50)」が浙江省舟山の停泊地で「中国海監66(ZHONGGUO HAIJIAN 66)」と合流し、編隊を組んで日中双方が権益を主張する東シナ海のガス田「白樺」(中国名・春暁)付近の海域を巡視すると伝えた。
 また「中国海監50」は15日にも舟山でヘリコプターを搭載する予定で、巡視活動は空と海から行うとしている。両船とも今年、東シナ海を管轄する海監東海総隊に配備された新型の調査船。(共同)



Largest patrol ship makes first trip to East China Sea
Global Times | December 14, 2011 00:58

China sent its largest patrol ship to the East China Sea for its maiden voyage yesterday in a bid to guard the country's waters and marine interests there.

The 3,000-ton-class Haijian 50 will visit Rixiang Rock, Suyan Rock and the offshore oil and gas fields of Chunxiao and Pinghu, as well as China-Japan joint development zones, said Liu Zhendong, head of the East China Sea fleet of China Marine Surveillance, a paramilitary maritime law enforcement agency.

The Chinese-manufactured vessel, a heavyweight compared to the more commonly used 1,000-ton-class patrol ships, set sail from Shanghai port yesterday.

The Haijian 50 will conduct the joint patrol together with the Haijian 66, a 1,350-ton vessel deployed on March 1.

The latter has a maximum speed of 20 miles per hour. It set sail at the same time yesterday from a dock in Xiamen, capital of East China's Fujian Province.

Officially deployed on July 23, Haijian 50 is equipped with China's most advanced marine technology and is capable of accommodating China's Z9A helicopters, Liu said.

China has 32,000 kilometers of coastline. The total area of its territorial seawater, continental shelf and exclusive economic zone, which is recognized under the United Nations Convention on the Law of the Sea, is 3 million square kilometers.

China's 2010 Ocean Development Report released last May said the country's maritime rights and interests face safety threats, including terrorism, disputes over maritime resources and sovereignty.
Xinhua - Global Times  

Posted by 『にっしゃん』 at 07:11Comments(0)國際

2011年12月15日

花*花じゃ




歌も上手いけど




ベッピンじゃ






足ほそっ〓















じゃあな(^0^)/
  

Posted by 『にっしゃん』 at 19:03Comments(0)

2011年12月15日

歌のコーナー






花●花じゃ










上手のぅ拍手




















じゃあなgood



  

Posted by 『にっしゃん』 at 18:48Comments(0)ロータリークラブ

2011年12月15日

ミャンマー、中国離れが進む

ミャンマーを訪問中のクリントン国務長官は、アウン・サン・スーチーさんと夕食をともにした




ミャンマーが



民主的な国家になることは



日本にとって



ええことやと思う






その為の援助やったら



価値あると思うけど・・・

















じゃあなキョロキョロ













ミャンマー、中国離れが進む 「受け入れられない」と苛立つ中国
【大紀元 11/12/02 09:06】

 【大紀元日本12月2日】ミャンマーを訪問中のクリントン米国務長官は1日、首都ネピドーでテイン・セイン大統領と初めて会談した。会談の中で、大統領は両国関係が「新たな章」に入ったと語り、対米関係に期待感を示した。

 北朝鮮、パキスタンと並び、中国の三大盟友の一角を占めたミャンマーは、今年3月に軍事政権を脱してから中国離れが本格化している。米国務長官の57年ぶりの訪問の実現に加え、新政権が新しく任命したミン・アウン・ライン国軍最高司令官は、今まで数10年間継承してきた、就任後最初に北京を訪問するという慣習を破ったことも注目されている。11月28日、同司令官が北京を訪問したが、その前の3日には米国のミャンマー特別代表ミッチェル氏と会談し、また14日には、米国と関係強化をはかっているベトナムを訪問した。

 ベトナムの後に中国を訪れたミン司令官に、中国の習近平・国家副主席は、中国とミャンマーの友情は「時と国際情勢の風雲変幻の試練に耐えてきたものだ」と釘を刺した。

 まさにこの風雲変幻の中で、ミャンマーは大きな変身を遂げつつある。10月には大赦令が実行され、有名な政治犯も含む6千人以上の囚人が釈放された。アウン・サン・スーチーさんが率いる民主化勢力との和解も進められており、メディアやインターネットへの統制も緩和された。

 これらの民主化の動きに中国は苛立ちをつのらせている。これまでの軍事政権下のミャンマーに、中国は経済や軍事など多分野にわたって支援をしてきた。一方で、中国もミャンマーから鉱物や木材、天然ガス、石油などを輸入している。中国西南部からミャンマーの港に敷設されるパイプラインは、中東から中国国内に原油を運ぶコストを下げ、安全性を高める。

 ミャンマーの中国離れは中国が重要な盟友を1人失うことを意味するだけでなく、こういった利益が脅かされ、さらにアジア太平洋地域で中国がますます孤立することを意味する。中国資本援助によるミッソンダム建設が9月に、「国民の意に反する」としてテイン・セイン政権に中断されたことについて、人民日報傘下の環球時報は「これは中国人の損失」「中国の利益を犠牲にして、西側に媚びる予兆だ」と不快感をむき出しにした。

 ミャンマーの「国民の意」は9月に掲載されたミャンマー紙の記事からも読みとれる。11月30日付の豪紙シドニー・モーニング・ヘラルドの紹介によれば、ミャンマー政府高官と前軍部将校によるこの記事では、「我々は中国の衛星国になりたくない」とし、「中国人はミャンマー北部で木材などの自然資源を略奪している。(ミャンマー第2の都市)マンダレーには、中国人が全人口の4割を占めている」と危機感を表した。さらに、軍部も「ミャンマーの中国従属化」に懸念を抱いていることが明らかにされた。

 今回のクリントン長官のミャンマー訪問はこういった動きを決定付けた。訪問について、環球時報は「中国のアジアでの仲間を、1人また1人と米国にさらわれていく」と批判する社説を掲載した。

 「ミャンマーが西側に開放することに中国は抵抗がない。しかし、開放することによって、中国の利益をバサリと切るような乱暴なやり方を中国は受け入れられない」とミャンマーへの不満をあらわにした。

 また、中国の外交は「ベトナムとアルバニアが(中国に)反目」して以来、特殊な国家関係を避けてきたという。「ミャンマーはアルバニア化していない。北朝鮮のアメリカ対抗も自身の利益に由来するもので、中国の戦略に迎合するものではない」「期待が高くなければ、失望もない」。社説に中国の焦りと苛立ちがにじんでいた。  

Posted by 『にっしゃん』 at 07:15Comments(2)國際

2011年12月14日

【TPP】信頼できない理由





『子ども手当・高速無料化・個別補償』を



マニュフェストに書き



財源はいくらでもあると言って



選挙で勝ったのに・・・










財源が無いと判ると



地方に負担せよとか










国民騙して



物事を進めようとする姿勢









信頼感がないから



進めるべきものも



進まないのではないか・・・・・









それと、



笑いながら増税の話しを



するのは止めてほしい

















じゃあなフンッ













医療自由化求める米国文書 概略版 不明記認める 問われる情報公開姿勢 厚労相

【日本農業新聞】

 TPP交渉で公的医療保険の運用に関し自由化を求める米国政府の文書を確認していたにもかかわらず、日本政府が国民向けに作った概略版資料で「公的医療保険制度は交渉の対象外」と説明していた問題で、小宮山洋子厚生労働相は27日、「医薬品の保険手続きに関する透明性の確保が論議の対象になる可能性は、分厚い説明資料で説明した」と述べた。概略版で実態を明らかにせず、国民の目に触れにくい「分厚い資料」だけで医療自由化の可能性を示していたことを認める発言で、政府の情報公開に対する姿勢が問われそうだ。  

Posted by 『にっしゃん』 at 07:17Comments(2)政治