プロフィール
『にっしゃん』
『にっしゃん』
昭和40年3月14日生
魚座 O型
昭和52年
加古川市立鳩里小学校卒
昭和55年
加古川市立加古川中学校卒
昭和58年
兵庫県立加古川西高等学校卒
昭和62年
近畿大学法学部卒
平成4年
三幸道路㈱創業
平成26年
加古川市議会議員

平成30年
福祉環境常任委員会 委員長


主な略歴
(一社)加古川青年会議所
第47代理事長
加古川市立加古川中学校
PTA元会長
兵庫県立加古川東高等学校
PTA元副会長
兵庫県立加古川西高等学校
育友会 元会長
加古川水泳協会 会長
加古川ボクシング協会 顧問
加古川ボート協会
副理事長
近畿警察官友の会 会員
加古川中央ロータリークラブ
会員
東播磨倫理法人会
剣詩舞道 新免流
後援会 会長
加古保護区 保護司

家族
妻と二人の娘、一人の息子
趣味
将棋・書道・釣り・ゴルフ
好きな食べ物
みりん干し

三幸道路株式会社
加古川中央ロータリークラブ
 
社団法人 加古川青年会議所
 

日本人としての誇り
Twitterボタン
Twitterブログパーツ

QLOOKアクセス解析

アクセス解析中




読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2012年04月02日

卓話





紹介者の



ツダ先輩に



感謝状贈呈クラッカー










これは



ツッチーピカピカ



新しい企画じゃgood














じゃあな拍手

  

Posted by 『にっしゃん』 at 11:57Comments(0)ロータリークラブ

2012年04月02日

J18戦闘機登場

資料写真:ネット上に出回ったJ18戦闘機の写真




この国の脅威がなくなったら



どれ程の節約が



出来ると思われますか・・・!?

















じゃあなフンッ









J18戦闘機が登場 空母艦載機に内定か
2012-03-26 16:34:39

中国人民解放軍海軍副司令官の徐洪猛氏は、中国海軍は今年、すでに4回の試験航行を行った空母「ワリャーグ」の就役を予定していると話した。米誌Defense Newsが報じた。

中国の空母計画には、中国が「ワリャーグ」をどう入手したか、どう使うつもりか、艦載機を開発するためにどうデータを「盗んだか」などの長い「ストーリー」がある。1998年に香港創律グループ傘下の旅行会社が2000万ドルでウクライナから同空母を購入、海上カジノに改造すると発表したが、空母は中国の大連港に運ばれ、新しいエンジンと設備を使ってこの未完成の空母に対する改修が開始された。

中国は当初、同空母を主に試験的な訓練と艦船の研究に使い、将来より先進的な空母開発の一助とすると強調していた。しかし西側のアナリストは、同空母が採取的に作戦に使われると確信していた。「危険な道」の著者、バッド・コール氏は「ワリャーグ号を試験と訓練のプラットフォームにすると繰り返し宣伝しているが、中国はそのうち同空母を配備するだろう」と指摘した。

「わたしは中国が2012年末には空母から航空機を操縦する要点を軽々掌握すると思う。ヘリはわりと簡単…」と話した。中国の瀋陽飛機工業公司は2001年にスホーイ社の許可を得てウクライナから艦載機Su-33の原型機を入手後、殲15(J-15)艦載機の開発を進めている。

中国の某メディアがかつて、中国が現在開発中のJ-18戦闘機は、「ワリャーグ」号か将来の空母に搭載され、任務を行うだろうと伝えた。06年、瀋陽飛機工業が模造したエンジンと航空電子システムを搭載したJ-18をロシアが確認後、中国とのSu-27SK(J-11A)戦闘機200機の組み立て計画を取りやめた。ロシアは中国がSu-34戦闘機をすでにコピーしたと疑っている。ロシアのメディアは先週、中国がロシアから多目的戦闘機Su-35を48機導入する計画を伝えた。中国側がこれまで知財権協議に反してSu-27を模造し、06年に中国が48機のSu-34の取引をロシアに持ちかけたが数量を12機に減らしたことから、ロシア政府は中国へのSu-35売却を躊躇している。報道によれば、両国の交渉はロシア側が知財権に関して懸念を示し終わったという。

ロンドン国際戦略研究所のDoug Barrieシニア研究員は知的財産権問題について、「中国の航空産業の発展に伴い、その利益は90年代よりは少なくなっているものの、中国はロシアの航空会社にとって依然潜在的な市場だ」と指摘。さらに、「中国のSu-27、33におけるやり方にすでにロシア側は激怒しているが、戦闘機市場の緊縮によって、中国が48機のSu-35を購入する潜在的可能性が見落とされることはないだろう。この取引が行われる場合、ロシアはよりよく知財権を守り、ロシア機搭載兵器メーカーもこの取引の恩恵に授かろうとするだろう。中国のSu-35への関心から戦闘機獲得に向けた持続的な興味が伺える」と指摘。中国はSu-35戦闘機を通じて戦闘機技術の課題を克服する必要があるとみられる。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2012年3月26日  

Posted by 『にっしゃん』 at 07:17Comments(0)軍事