プロフィール
『にっしゃん』
『にっしゃん』
昭和40年3月14日生
魚座 O型
昭和52年
加古川市立鳩里小学校卒
昭和55年
加古川市立加古川中学校卒
昭和58年
兵庫県立加古川西高等学校卒
昭和62年
近畿大学法学部卒
平成4年
三幸道路㈱創業
平成26年
加古川市議会議員

平成30年
福祉環境常任委員会 委員長


主な略歴
(一社)加古川青年会議所
第47代理事長
加古川市立加古川中学校
PTA元会長
兵庫県立加古川東高等学校
PTA元副会長
兵庫県立加古川西高等学校
育友会 元会長
加古川水泳協会 会長
加古川ボクシング協会 顧問
加古川ボート協会
副理事長
近畿警察官友の会 会員
加古川中央ロータリークラブ
会員
東播磨倫理法人会
剣詩舞道 新免流
後援会 会長
加古保護区 保護司

家族
妻と二人の娘、一人の息子
趣味
将棋・書道・釣り・ゴルフ
好きな食べ物
みりん干し

三幸道路株式会社
加古川中央ロータリークラブ
 
社団法人 加古川青年会議所
 

日本人としての誇り
Twitterボタン
Twitterブログパーツ

QLOOKアクセス解析

アクセス解析中




読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 14人
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2012年10月23日

「拉致と決断」





まったく酷い話






怖いのは、





「平和と空気はタダ」と言われていた時代に



行われていたという事実



そして、



多くの政治家もマスコミも



知っていて隠蔽していたという事実








一刻も早く



なんとかしましょう
















じゃあなフンッ





北朝鮮での生活を生々しく描写 蓮池薫さん著書「拉致と決断」

【産経新聞 10月21日(日)17時17分配信】


 ■「関心持ち続けて」

 拉致被害者、蓮池薫さん(55)の著書「拉致と決断」(新潮社)が話題を集めている。今月17日に発売され、現在3刷11万部。食糧事情をはじめとする北朝鮮の生々しい生活、拉致によって被害者が奪われた「絆」と「夢」の重さを描き、共感を呼んでいる。

【フォト】帰国10年…「日本に残りたい」故郷が解いた北の呪縛

 「(本を)書いて出すことで、みなさんに(拉致を)知ってもらい、関心を持ち続けてもらえると思った」。執筆の狙いについて、そう話す蓮池さん。長く膠着(こうちゃく)状態が続く拉致事件の早期解決を祈る思いが込められている。

 著書では、食糧事情を中心にした北朝鮮の生活実態を詳述。食糧難のため、寮生活を送る子供の栄養状態を心配し、肉や魚を節約し保存して帰省時に食べさせ、学校に戻る際には煎った大豆を持たせたという。

 反日的な映画を見せて行われた思想教育、日記による思想チェックの様子も紹介。さらに、招待所での娯楽として木の枝からゴルフクラブを作ってプレーしたことや、買い物事情、北朝鮮女性の結婚観まで幅広く生活の様子を記した。蓮池さんは「北朝鮮の社会を知っていただいた上でのほうが、招待所での生活、私たちの思いを理解しやすいと思った」と話す。

 平成14年9月17日の日朝首脳会談の前には、ボートで漂流していたところを北朝鮮の小型船に助けられたとする拉致についての嘘の「シナリオ」を練習させられたことも記した。記者会見に備えるためだが、北朝鮮側が拉致を認めることになったため、シナリオは取りやめになった。

 被害者個人として、拉致事件によって奪われたものを「絆」と「夢」だと紹介。北朝鮮で新たにできた絆であり夢でもあった子供たちと離れ、日本で子供たちの帰国を待っていた際のつらい心情もつづられた。

 北朝鮮での生々しい生活を描いた理由について、「実態が分からないと、(拉致が)国家主権の侵害という問題で終わってしまう。そうすると一般の方には遠い問題になりかねない」と蓮池さんはいう。著書を通じ、世論の高まりを期待している。
  

Posted by 『にっしゃん』 at 11:41Comments(1)政治

2012年10月23日

巨人が日本シリーズへ





日本シリーズも



頑張ってね野球ボール













じゃあなグー







巨人が4-2で中日を振り切り、日本シリーズへ 
【産経スポーツ 2012.10.22】

 プロ野球セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ、巨人-中日の最終第6戦は巨人が4-2で中日を破り、3連敗の後の3連勝でCSを制覇、27日からの日本シリーズ進出を決めた。

 3点リードで迎えた最終回、マウンドに上がった巨人のクローザー、西村は先頭打者に二塁打を許し、次打者の内野ゴロで一死三塁のピンチ。ここはセカンドライナーで二死としたが、続く好調の大島に左翼線へタイムリーを許し、本塁打を打たれれば、同点という苦しい場面。最後の打者、荒木をかろうじて三塁ゴロに打ち取り勝利を手にした。

 巨人は二回裏、先頭の高橋から3者連続のレフト前ヒットで無死満塁のチャンスとつくり、ここで寺内がレフト前にタイムリーヒットを放ち、2者生還。ホールトンの送りバントでさらに一死二、三塁と攻め、長野がうまくバットを合わせてライト前にタイムリー。1点を加え、中日・先発の伊藤をマウンドから降ろした。

 継投で防戦に回った中日は四回から山井を投入したが、五回裏、先頭の村田が左中間にソロ本塁打で巨人がリードを広げた。ただ、その後は、左腕、大野の前に追加点を奪えなかった。

 巨人先発のホールトンは制球に苦しみながらも要所を抑え、五回まで無失点と〝粘投〟。六回表、巨人・原監督はホールトンから中1日で沢村をマウンドに送ったが、一死三塁と攻められ、内野ゴロの間に1点を返された。

 ファイナルステージはリーグ優勝の巨人に1勝のアドバンテージがあったが、中日が3連勝で王手。巨人は21日のサヨナラ勝ちで2連勝し、3勝3敗のタイとして逆王手をかけている。

 最終戦の勝者は27日にセの本拠地で開幕するコナミ日本シリーズ2012でパ・リーグを制した日本ハムと対戦。引き分け(延長十二回)の場合は規定によりリーグ優勝の巨人が日本シリーズに進出する。  

Posted by 『にっしゃん』 at 07:17Comments(0)スポーツ