プロフィール
『にっしゃん』
『にっしゃん』
昭和40年3月14日生
魚座 O型
昭和52年
加古川市立鳩里小学校卒
昭和55年
加古川市立加古川中学校卒
昭和58年
兵庫県立加古川西高等学校卒
昭和62年
近畿大学法学部卒
平成4年
三幸道路㈱創業
平成26年
加古川市議会議員

平成30年
福祉環境常任委員会 委員長


主な略歴
(一社)加古川青年会議所
第47代理事長
加古川市立加古川中学校
PTA元会長
兵庫県立加古川東高等学校
PTA元副会長
兵庫県立加古川西高等学校
育友会 元会長
加古川水泳協会 会長
加古川ボクシング協会 顧問
加古川ボート協会
副理事長
近畿警察官友の会 会員
加古川中央ロータリークラブ
会員
東播磨倫理法人会
剣詩舞道 新免流
後援会 会長
加古保護区 保護司

家族
妻と二人の娘、一人の息子
趣味
将棋・書道・釣り・ゴルフ
好きな食べ物
みりん干し

三幸道路株式会社
加古川中央ロータリークラブ
 
社団法人 加古川青年会議所
 

日本人としての誇り
Twitterボタン
Twitterブログパーツ

QLOOKアクセス解析

アクセス解析中




読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 13人
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2014年03月07日

卒業記念品




3年間の思い出を詰めこんで



大切に使って下さい




おめでとうございます










じゃあな(^O^)/
  

Posted by 『にっしゃん』 at 12:00Comments(0)研修・修練

2014年03月07日

北が相次いでミサイル発射



北朝鮮 弾道ミサイル2発発射=射程500キロ以上

2014/03/03 09:19
【ソウル聯合ニュース】韓国政府高官は北朝鮮が3日午前、短距離ミサイル2発を発射したと明らかにした。

 同高官によると、北朝鮮は同日午前6時19分から約10分間、南東部の江原道・旗対嶺と元山から短距離の弾道ミサイル2発を発射した。ミサイルは500キロ以上飛行したという。韓国軍と情報当局は「スカッドC」と推定している。


北朝鮮の弾道ミサイル=(聨合ニュース)

 北朝鮮は先月27日にも同所でスカッドとみられる弾道ミサイル4発を発射。60~70キロの高度で220キロを飛行した。 

 韓国軍は、北朝鮮の相次ぐ短距離弾道ミサイル発射は韓米合同軍事演習「キー・リゾルブ」に対応し、軍事的な緊張を高める意図があるとみて、追加の挑発行為を起こす可能性を注視している。

 韓国政府関係者は「ミサイル発射の角度を旗対嶺から元山沖に調整したことから、低レベルの挑発とみられる。離散家族再会で緊張局面緩和が期待される南北関係に良くない影響を与えることが懸念される」と述べた。国防部の金珉ソク(キム・ミンソク)報道官は「挑発的な行為を直ちに中止すべきだ」と強調した。

 北朝鮮は射程距離300キロ以上のスカッドB、500キロ以上のスカッドCを約700発保有している。最近は700キロ以上のスカッドDの改良型であるスカッドERを実戦配備した。



北が相次いでミサイル発射、徐々に距離伸ばし韓国に圧力

朝鮮日報 2014.3.4.

きのうもミサイル2発発射、日本の防空識別圏内に着弾

予告なしの「奇襲発射」

表向きは韓米軍事演習への不満表明…一方では南北対話で譲歩引き出す意図

「キルチェーン」の稼働確認目的も

韓国国防部「安保理決議違反」



 北朝鮮は3日午前、スカッドD(射程700キロ)またはスカッドER(射程1000キロ)と推定される弾道ミサイル2発を東海(日本海)に向けて発射した。北朝鮮は今回、民間船舶や航空機の被害を予防するための航行禁止区域を事前に設定しないまま、公海上に向けてミサイルを「奇襲発射」した。韓国政府は「国際航行秩序や民間人の安全にも相当な脅威を及ぼす、挑発的な行為」と批判した。また韓国国防部(省に相当)は、北朝鮮による今回のミサイル発射が、いずれも弾道ミサイルの発射行為を禁じた国連安保理決議に違反するとみて、国連と協議する案も検討している。

 国防部の関係者は3日「北朝鮮が、きょう午前6時19分からの約10分間で、江原道安辺郡の旗対嶺基地から北東に向け弾道ミサイル2発を発射した。これらのミサイルはおよそ500キロ飛行し、日本の石川県輪島から北西に400キロ、456キロ離れた、日本の防空識別圏内の公海上にそれぞれ落下した」と語った。また韓国軍消息筋は「先月27日に発射されたスカッドB(射程300キロ)より射程の長いスカッドDまたはスカッドERと推定される」と語った。

 北朝鮮は先月21日、射程180キロと推定される新型の300ミリ放射砲(多連装ロケット)「KN09」を発射し、これ以降少しずつ射程を伸ばしながら相次いでミサイルを発射している。北朝鮮が東海に向けて発射した放射砲・ミサイルの飛行距離は、約150キロ(2月21日)、約220キロ(2月27日)、約500キロ(3月3日)と伸びてきている。韓国政府や韓国軍当局は、北朝鮮が韓米合同軍事演習「キーリゾルブ」に不満を表明するとともに、南北対話で韓国側に譲歩を迫るために武力を誇示したとみている。

 韓国軍当局は、北朝鮮がミサイルを「奇襲発射」している点に特に注目している。これまで北朝鮮のミサイル発射には、事前に航行禁止区域が設定されたり移動式発射台が往来したりするなどといった、韓米情報当局が事前に探知できる「兆候」が伴っていた。しかし先月27日と今月3日のミサイル発射では、事前の兆候がほとんどなかったという。

 北朝鮮によるミサイルの奇襲発射は、韓米両軍当局が今回の「キーリゾルブ」演習で初めて本格的に適用し、訓練を行っている「キルチェーン」をテストするためのもの、という分析もある。キルチェーンとは、北朝鮮の移動式核ミサイルを30分以内に探知し、攻撃を行うというもので、事前に移動式発射台を探知できなければ無用の長物も同然だ。

 韓米合同演習「キーリゾルブ」は今週中に終わる。しかし、野外機動演習「フォールイーグル」が引き続き行われ、原子力潜水艦などが韓半島(朝鮮半島)に出動することになる。韓国軍当局は、これに伴って北朝鮮がさらなる挑発を行う可能性も低くないとみて、北朝鮮への監視体制を強化した。柳浩烈(ユ・ホヨル)高麗大学教授は「今のところは、北朝鮮が韓国側の譲歩を得ようと圧迫しているレベルだが、南北関係の将来は楽観し難い。今月9日に行われる最高人民会議第13期代議員選挙など、今後2-3週間が韓半島情勢のヤマになる見込み」と語った。

【配信元】NPO法人 百人の会




そんなことより・・・







北朝鮮は此の程



人類史上初!!!



太陽着陸に成功し、黒点を持ち帰ったらしいですね
http://www.yukawanet.com/archives/4634056.html



素晴らしいことです













じゃあな叫び



  

Posted by 『にっしゃん』 at 07:18Comments(0)國際政治安全・安心軍事報道外交