プロフィール
『にっしゃん』
『にっしゃん』
昭和40年3月14日生
魚座 O型
昭和52年
加古川市立鳩里小学校卒
昭和55年
加古川市立加古川中学校卒
昭和58年
兵庫県立加古川西高等学校卒
昭和62年
近畿大学法学部卒
平成4年
三幸道路㈱創業
平成26年
加古川市議会議員

平成30年
福祉環境常任委員会 委員長


主な略歴
(一社)加古川青年会議所
第47代理事長
加古川市立加古川中学校
PTA元会長
兵庫県立加古川東高等学校
PTA元副会長
兵庫県立加古川西高等学校
育友会 元会長
加古川水泳協会 会長
加古川ボクシング協会 顧問
加古川ボート協会
副理事長
近畿警察官友の会 会員
加古川中央ロータリークラブ
会員
東播磨倫理法人会
剣詩舞道 新免流
後援会 会長
加古保護区 保護司

家族
妻と二人の娘、一人の息子
趣味
将棋・書道・釣り・ゴルフ
好きな食べ物
みりん干し

三幸道路株式会社
加古川中央ロータリークラブ
 
社団法人 加古川青年会議所
 

日本人としての誇り
Twitterボタン
Twitterブログパーツ

QLOOKアクセス解析

アクセス解析中




読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 13人
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2019年02月28日

西高卒業式




母校である、加古川西高の卒業式に出席させていただきました。

良い式でした。


御卒業、おめでとうございます。







  

Posted by 『にっしゃん』 at 13:37Comments(0)学校教育後輩

2019年02月26日

喘息


ストレスが溜まるとでますね。








  

Posted by 『にっしゃん』 at 12:15Comments(0)研修・修練

2019年02月25日

新免流 交流発表会


後援会長を仰せつかっております、新免流 剣詩舞道の交流発表会が開催されました。

年に一回の発表会で、生徒の皆さんは、この日を目指して稽古を重ねておられます。

今回は、和太鼓とフラメンコダンスの皆様にも華を添えていただきました。

ありがとうございました。

生徒の皆さん、御疲れ様でした。











後援会長として、謝辞を述べさせていただきました。




  

Posted by 『にっしゃん』 at 17:16Comments(0)研修・修練

2019年02月21日

保護司 研修会


まもなく開会します。





  

Posted by 『にっしゃん』 at 14:00Comments(0)研修・修練

2019年02月19日

トップアスリート フェローシップ






一般社団法人 トップアスリート フェローシップ様の


平成30年度 活動年間報告会に出席させていただき、


挨拶させていただきました。




毎年、素晴らしい成績を挙げられ、素晴らしいと思います。




IMGアカデミー ジュニアコースにも、

期待度激熱のジュニア選手を、多数輩出されております。




ゴルフ部門も、テニス部門も、競技・試合ですので、


スコアや勝ち負けは、もちろん大切でありますけれども、


御父さん御母さんや、監督・コーチの先生方に対して、感謝する気持ちを忘れずに、


マナーやエチケットの面でも、世界に通用するアスリートを目指していただきたいと思います。

  

Posted by 『にっしゃん』 at 14:05Comments(0)研修・修練教育スポーツ

2019年02月12日

視察研修


三重県津市に行って来ました。

公共施設等総合管理計画について、様々な先進事例を学ばせていただきました。

市民協働・公民連携のための仕組の整備に積極的に取り組まれており、民間事業者のノウハウやアイディア・技術等を最大限に活用できるよう、具体的なアクションプランが策定されています。


全ての施策においてなのですが、行政でなければ出来ない事と、民間でなければ出来ない事、そして『公民連携』でなければ出来ない事を、整理整頓する必要があると、改めて感じました。













  

Posted by 『にっしゃん』 at 11:42Comments(0)研修・修練

2019年02月04日

感動の書




元グリーンベレー隊員

よくこそ書いて下さった。



一気に読み終えましたが、我が生涯の感動の書物となりました。

China や Korea の方々が言うとおり、歴史の真実を直視することが必要ですね。


御薦めの一書です。

  

Posted by 『にっしゃん』 at 15:14Comments(0)愛国歴史教育