プロフィール
『にっしゃん』
『にっしゃん』
昭和40年3月14日生
魚座 O型
昭和52年
加古川市立鳩里小学校卒
昭和55年
加古川市立加古川中学校卒
昭和58年
兵庫県立加古川西高等学校卒
昭和62年
近畿大学法学部卒
平成4年
三幸道路㈱創業
平成26年
加古川市議会議員


主な略歴
(一社)加古川青年会議所
第47代理事長
加古川市立加古川中学校
PTA元会長
兵庫県立加古川東高等学校
PTA元副会長
兵庫県立加古川西高等学校
育友会 元会長
加古川水泳協会 会長
加古川ボクシング協会 顧問
加古川ボート協会
副理事長
近畿警察官友の会 会員
加古川中央ロータリークラブ
会員
東播磨倫理法人会
剣詩舞道 新免流
後援会 会長
加古保護区 保護司

家族
妻と二人の娘、一人の息子
趣味
将棋・書道・釣り・ゴルフ
好きな食べ物
みりん干し

三幸道路株式会社
加古川中央ロータリークラブ
 
社団法人 加古川青年会議所
 

日本人としての誇り
Twitterボタン
Twitterブログパーツ

QLOOKアクセス解析

アクセス解析中




読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2011年07月07日

「ここは居心地がいいのよ。出たくないわ」





何を考えてらっしゃるのか・・・



解らん・・・













じゃあな
クレイジー

















首相公邸に1、2か月で飲み切れぬ缶ビール箱の山 目撃者仰天

これほど嫌われても続投の意欲を失わない菅直人首相。その根性には敬服するしかないが、この嫌われ者総理の心の支えが、姉さん女房にして従姉でもある伸子夫人だ。

被災地へ“お忍び”ボランティアに行ったと“リーク”するなど、相変わらずこの人も薄っぺらだが、権力の座に対する執着は夫以上という。


すでに菅政権が完全に死に体になっていた、ある日の昼下がり――。

伸子夫人は有力企業の経営者や官僚OBなどで構成される「親睦会」のメンバー約20人を公邸に招いた。残り少ない公邸生活を親しい友人たちと分かち合うため、というわけではなかったようだ。

その場で伸子夫人は自ら招待客に公邸を案内し、2時間ほどの歓談の中で「ファーストレディ続投」に意欲満々だったという。参加者が明かす。

「伸子さんは公邸の1階から2階まで、菅さんの書斎以外のほとんどの部屋を見せてくれました。

一緒に行った人たちとは、事前に“もう引っ越しの準備をしているんだろうね”なんて話していたら、そんな様子は微塵もなかった。『私がこれと見込んだ方などをお招きして意見交換しているんですよ。菅は最後まで職責を全うしますから、皆様も支えてくださいね』と、精力ギンギンでした」

夫人は一行を案内しながら、公邸での暮らしぶりを開けっぴろげに語った。

公邸の周囲はSPが24時間態勢で固めている。ある招待客が「不自由でしょう?」と同情すると、「庭の散歩をしたりして、結構楽しいんですよ」と夫人。

そんな公邸ツアーの途中、招待客がギョッと目をむいたのは、キッチンに無造作に山積みされた缶ビールの段ボール箱だった。
「誰がこんなに飲むんですか」と水を向けると、夫人は声を上げて笑った。

「なかなか外に飲みに行けないでしょう。だから近くの酒屋さんでまとめ買いして、菅と2人で飲むのよ」

酒豪で鳴らす伸子夫人。ビール、焼酎、ワインと何でもござれで、夫が酔い潰れても介抱もせずに飲み続け、喋り続けることで知られる。まだ息子たちが子供だった頃から、その子供を連れて夫婦で新宿ゴールデン街の小さなカウンターバーを“占拠”し、ガンガン飲んでいたという酒豪伝説も、つとに有名だ。

ただ、いくら酒好きとはいえ、「とても1、2か月で飲める量じゃなかった」(前出の参加者)という。



バッシングにも耐え、「やめろ!」のプレッシャーもものともしない菅直人首相だが、そんな首相を支えるのが伸子夫人だ。そんな彼女は、有力企業の経営者や官僚OBなどで構成される「親睦会」のメンバー約20人をある日の昼下がり公邸に招いた。

 昼間だったので来客には紅茶やコーヒーが振る舞われたが、茶菓子の消費期限が切れていて皆で大笑いになった。

 キッチンの大きな冷蔵庫の中には果物や野菜がぎっしりと詰まっていたが、バナナは腐りかけていた。参加者は「ここに籠城しているような生活なんだと、ふいに憐れにも感じた」と感想を語る。

 伸子夫人は、一行を夫妻の寝室にも案内した。シングルベッドが2つ、傍らには菅総理のブリーフが干してあった。そして嬉しそうな表情で、

「ここは居心地がいいのよ。出たくないわ」

 そう口にしたのだという。

 夫が退陣表明(6月2日)した後も、伸子夫人はそれを認めていない。毎日新聞の取材に、「これまで首相がいともあっさり、簡単に辞めちゃった方が不思議です」(6月9日付)と答えている。

 菅氏の最後の粘り腰の源泉は、この夫人の権力欲にあるようだ。

(週刊ポスト2011年7月15日号)



同じカテゴリー(政治)の記事画像
加古川市議会 定例本会議
一般質問
ひょうご基幹道路 ネットワーク シンポジウム
感謝
市政報告会
同じカテゴリー(政治)の記事
 加古川市議会 定例本会議 (2018-09-28 09:04)
 福祉環境常任委員会 (2018-09-14 16:57)
 一般質問 (2018-09-04 04:00)
 ひょうご基幹道路 ネットワーク シンポジウム (2018-08-01 15:18)
 感謝 (2018-06-26 07:33)

Posted by 『にっしゃん』 at 07:07│Comments(0)政治
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
絵文字をクリックするとコメント欄に入力できます!書き込み送信後に絵文字に変換されます
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。