プロフィール
『にっしゃん』
『にっしゃん』
昭和40年3月14日生
魚座 O型
昭和52年
加古川市立鳩里小学校卒
昭和55年
加古川市立加古川中学校卒
昭和58年
兵庫県立加古川西高等学校卒
昭和62年
近畿大学法学部卒
平成4年
三幸道路㈱創業
平成26年
加古川市議会議員


主な略歴
(社)加古川青年会議所
第47代理事長
加古川市立加古川中学校
PTA元会長
兵庫県立加古川東高等学校
PTA元副会長
兵庫県立加古川西高等学校
育友会 元会長
加古川水泳協会 会長
加古川ボクシング協会 顧問
加古川ボート協会
副理事長
近畿警察官友の会 会員
加古川中央ロータリークラブ
会員
東播磨倫理法人会
剣詩舞道 新免流
後援会 会長
加古保護区 保護司

家族
妻と二人の娘、一人の息子
趣味
将棋・書道・釣り・ゴルフ
好きな食べ物
みりん干し

三幸道路株式会社
加古川中央ロータリークラブ
 
社団法人 加古川青年会議所
 

日本人としての誇り
Twitterボタン
Twitterブログパーツ

QLOOKアクセス解析

アクセス解析中




読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2014年05月25日

朴談話

海洋警察庁らに責任を押し付けた朴談話

2014/05/20 Tue 07:28

朴槿恵が、セウォル号沈没事故に関して、国民向け談話を発表した。海洋警察庁を解体し、安全を担う「国家安全処」という専門部署を新設する行政改革の宣言である。聯合ニュースによれば、朴の談話の要旨は下記の通りだ。

一、国民が受けた苦痛に真に謝罪
一、事故の最終的な責任は大統領である私にある
一、海洋警察庁を解体すると結論
一、安全行政部の安全機能を新設の国家安全処に移管
一、海洋水産部の海洋交通管制センターを国家安全処に統合
一、安全や許・認可業務の関係団体長から公務員を排除
一、退職公職者の就業制限、2年から3年に拡大
一、与野党と民間による事故の真相調査委員会設置に向けた特別法を提案
一、国家安全処が国民の提案を取り入れた安全革新マスタープランを策定
一、事故犠牲者の追悼碑を建立し4月16日を「国民安全の日」に指定

以上、聯合ニュースより


泣きっ面に騙されるな

この談話発表の前日、朴はソウルの明洞大聖堂で行われた旅客船沈没事故犠牲者と遺族のためのミサに出席し、「私のせいです。私のせいです。私の大きな過ちのせいです」と叫んだと言われる。何に関しても過度に感情的になる性質を持つ彼の民族だが、その感情に訴えるために「自分の過ち」を認め、会見でカメラの前で涙したのなら、非常に分かり易いシナリオだ。この涙を批判するようなブログもあるようだが、正直、そんな話はどうでもよい。朴の決意表明であるこの談話を聞いて、重要だと思えるのは、これらの政策では南鮮社会の歪みは何も解決しないことだ。

そもそもセウォル号の事件とは何だったのか。国民の命を守るべき公的機関が、ロクな仕事をできなかったことは事実だ。だが、それは事件が起こってから露わになった事実だ。事件の直接的な原因となったのは、船会社の杜撰な管理体制、過剰な積み荷に見られる違法行為、そして、その直接的原因に続いたのは、乗客を置き去りにした船長や船員の脱出である。これらのことは、行政改革を行っても解決できる類のものではない。

つまり、もっとも憂うべきものは、職業倫理の欠如なのだ。しかも、救いようのないレベルの…。いい加減な仕事をすれば、後でしっぺ返しを喰らう。お天道様も見ている。だから手を抜かず、恥ずかしくない仕事をし、消費者や商売相手に喜んでもらう。簡単に言えば、それが日本の職業倫理だろう。だが、南鮮民族にはこの概念がないのだ。

朴はこの会見を終え、UAEに飛んだ。南鮮が受注した原子力発電所1号機の原子炉設置のセレモニー出席が訪問の主な目的だという。ここ数年で何度もブラックアウト(大停電)の危機に瀕している国が、「安全な韓国型原発」を売りに、エネルギーの核心を外国にセールスすというのは皮肉な話だが、原発部品の不正納入に関しては既に数多指摘され、100人以上の逮捕者も出ている。しかも、原発運営会社の社長も含めて。南鮮がトルコに原発をセールスした際、「地震が起きたらどうするのか」と聞かれ、「日本に相談します」と答え、原発を失注したことを以前書いたが、彼等の職業倫理とは所詮その程度のものなのだ。

朝鮮半島で生まれた数少ない四字熟語に、外華内貧とういのがある。中身はボロでも、とりあえず外観を飾り立てるという意味だそうだ。朴槿恵がセウォル号沈没事故に関する談話で示すべきだったのは、分不相応に飾ることなく、倫理をもって中身を育てるということだったのではないか。私には、この朴の談話が、自分の責任を語りながら、その傍から海洋警察庁というスケープゴートをつくり、実質的に責任を押し付けたようにしか見えないのだ。


関連記事

海洋警察庁らに責任を押し付けた朴談話 (05/20)
イスラエル国首相、「日本とイスラエルには共通の苦難」発言が持つ意味 (05/18)
外務省局長級協議における、青瓦台の条件闘争とは… (05/15)
南鮮で「ケンチャナヨ」が招く事故の連鎖 (05/12)
支那・ベトナムの衝突 ~ 日本は国連が無能であることを、世界に晒せ! (05/09)


【配信元】NPO法人 百人の会





談話の後すぐに



原発のセールスしに



中東へ飛んだって・・・・・!?












じゃあなロケット






同じカテゴリー(國際)の記事画像
偏向報道
懲戒免職 !?
蔡 英文 氏、当選!
スティーブ来日
世界大学ランキング
同じカテゴリー(國際)の記事
 偏向報道 (2017-08-10 09:09)
 懲戒免職 !? (2016-01-29 15:13)
 蔡 英文 氏、当選! (2016-01-17 01:24)
 スティーブ来日 (2015-11-02 07:17)
 世界大学ランキング (2015-10-05 07:17)

Posted by 『にっしゃん』 at 07:14│Comments(0)國際政治報道外交
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
絵文字をクリックするとコメント欄に入力できます!書き込み送信後に絵文字に変換されます
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。